このページの本文へ

コンパクトなホームサーバーで1TB内蔵 Endeavor SV120h

2009年03月10日 11時30分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コンパクトパソコンを使ったエプソンダイレクト(株)のホームサーバーに、CPUやHDD容量を強化した新製品「Endeavor SV120h」が登場した。

Endeavor SV120h Endeavor SV120h

 デスクトップパソコン「Endeavor ST120」と同じ、幅75mm、奥行き185mm、高さ195mmの小型筐体を使い、OSにはWindows Home Server 日本語版を採用している。

 従来機種はHDD×1、光学ドライブ×1の構成だったが、新しいSV120hではHDD×2、光学ドライブなしの構成を用意。500GB HDDを2台内蔵すれば、NAS並みの小型筐体でHDD容量1TBのホームサーバーができあがる。

 内蔵HDDは1台500GBまでだが、外付け用として1~2TBのHDDもオプションで用意。Windows Home Serverの機能を使えば、外付けHDDを簡単に共有HDDを増量できる。

 CPUとチップセット、メモリーも新しい世代に更新。Intel GM45 ExpressチップセットとDDR2-800メモリーにより、パフォーマンス強化を実現している。

 標準構成の主な仕様は以下のとおり。本日から同社直販サイトおよびダイレクトコールセンターで受注を開始している。価格は基本構成価格で6万4890円。

Endeavor SV120h の主なスペック
CPU Core 2 Duo P8600(2.40GHz)/Celeron 575(2GHz)
メモリー DDR2-800 1~4GB
グラフィックス Intel GM45 Expressチップセット内蔵
HDD 160GB/320GB/500GB、最大2基まで
光学ドライブ なしまたはDVD-ROMドライブ
サイズ 幅75×奥行き185×高さ195mm
OS Windows Home Server 日本語版(Power Pack 1 DSP版)
価格 6万4890円から

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン