このページの本文へ

国立商店、「職人が作るオイルドレザーブリーフ」を発売

ずっと持ち続けたくなる総革製のブリーフバッグ

2008年08月14日 18時55分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

国立商店(株)は13日、日本の鞄職人が1つ1つ製作した総革製ブリーフバッグ「職人が作るオイルドレザーブリーフ」を発売した。価格は5万400円。なお、9月末までは期間限定特別価格として、10%オフの4万5360円で販売している。

職人が作るオイルドレザーブリーフ」の素材となる革には、植物タンニンで鞣(なめ)した1.9mmの肉厚オイルドレザー使用。しかも職人自身が良質な部分だけを切り出し、そして縫い上げる。オイル分を含んだ革は、使ってゆくうちにエイジングが進み、しっとりとした表情に変わっていく。

Briefcase01 Briefcase02
四隅がラウンドしたオーソドックスな長方形のスタイルで、前面に斜めに開くファスナー付きポケットを備える。カバン内の背胴側にあるスペースには、MacBookや13.3インチワイド型液晶搭載PCを収納可能だ

本体サイズ:幅約410×高さ290×奥行き80〜100mm(突起部のぞく)。重さは約970g。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中