このページの本文へ

ゾーグ、仏HDRsoft社製HDRイメージ作成ソフト「Photomatix Pro 3.0」を発表

欧州で話題のHDR作成ソフトが登場!

2008年08月08日 16時33分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ゾーグは5日、仏HDRソフト社製のHDRイメージ作成ソフト「Photomatix Pro 3.0」を8月8日に発売すると発表した。価格は、同社が運営するSNS型写真共有サイト「Zorg」のメンバーが10月31日までの期間限定ダウンロードで9800円、11月1日以降は1万3440円、非メンバーは1万5540円だ。なお、パッケージ版は10月中旬の発売を予定している。

Photomatix Pro 3.0」は、ハイダイナミックレンジ(HDR)イメージを簡単に作成できるHDRイメージ作成ソフトだ。異なる露出で撮影した複数の写真を合成することで、ダイナミックレンジの広い画像を作成する。また、1枚のRAWデータからでも擬似的ではあるがHDRの作成が可能だ。

Photomatix
インターフェースはシンプルで扱いやすい。HDR作成も簡単で専門的な知識を必要としない

対応する入力フォーマットは、PEG/TIFF/PSD/BMP/Radance RGBE/RAW。出力フォーマットはJPEG/TIFF(8/16ビット)。

対応システムは、OS X 10.4以上(Leoprad対応)またはWindows XP/Vista。対応機種は、PowerPC G4/G5/インテルCPUを搭載したMacまたはPC以上。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中