このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

1010万画素デジタル一眼レフカメラ

レビュー:EOS Kiss F

2008年08月01日 18時14分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

X2との差にみる撮影機能と写真品質


 X2と本製品を比較すると、スペックダウンが目に付く。背面の液晶モニターはX2の3インチに対してFは2.5インチと小さく、ファインダー倍率が0.87倍から0.81倍にダウン。スポット測光や高輝度・階調優先機能、ワイヤレスリモコン機能なども非搭載だ。

 一方で、本製品で撮影した写真データの画質は、X2に比べ遜色はなく、商用で使う写真の撮影にも十分に耐えうるクオリティーを実現している。

撮影サンプル1

標準レンズでは、全域で25cmまで近寄れる。望遠時では名刺半分程度の面積を撮影可能だ。発色は見た目よりも若干派手な傾向で、エッジ強調も少なく良好だ

 また、AFポイントの数は減っているが、画面内における左右の端の位置はかなり外側に設定されている。そのため、フレーミング操作の自由度は上がっている。

AFポイント比較

Fは2.5インチの液晶モニターでAFポイント7点、X2は3.0インチ液晶でAFポイントは9点。液晶のサイズは異なるが、AFポイントがフォローする範囲はFのほうが広い

撮影サンプル2

写真のように画面の左端に被写体を置いたフレーミングで撮影したい場合も、AFポイントが画面の端寄りにあるので、容易にピントを合わせられる


【Conclusion】
○  ライブビュー機能を搭載しつつも低価格化を実現。単体でのコストパフォーマンスはかなり高いレベルに仕上がっている。

×  先にリリースされたX2の下位機種、Xの後継機種にあたるが、X2との価格差が小さくお得感が少ない。また、Xよりスペックダウンされている部分もある。

(MacPeople 2008年9月号より転載)


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中