このページの本文へ

Over30sなら、感涙必至のカセットテープもどき

淡い青春時代を思い出すUSBメモリー

2008年06月19日 14時19分更新

文● 齋藤あきこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 かつて恋人たちというのはカセットテープにお気に入りの曲を入れて、顔を赤らめながら交換、とかしてたんですよ。ケータイで着うたとかダウンロードしちゃってる今どきのヤングは知らないだろうけど。

 しかし、自分のお気に入りの音楽集なんて、無防備にアイデンティティをさらけ出すも同然じゃない! よくあんなことしてたわね……隣のクラスの遠藤くん、お元気ですか……と思い返していたら、あのドキドキをもう一度味わいたくなってきた!

カセット
カセットソックリのUSBスティック。カセットテープの容量いっぱいに何曲詰め込めるか、そしてどんな曲を入れるかで、その人のセンスを問われた時代もあったのです

 そこで見つけたのが、実用性に欠けるハイクオリティな商品を数多く取り揃えるサイト「SUCK UK」より「ミックステープ・USBスティック」。一見アキバの専門店にしか現存しないオールドスクールなカセットだけど、実はフェイクの箱。中にはUSBメモリーがビルトインされております!

テープ
外側は20世紀、中身は21世紀。しかし、気持ちを音楽に込めて伝える方法は不変なのです

 このUSBに魂を込めたMP3をぶち込み、ラベルにボールペンで思うままに曲名を書いてやるわ! 丸文字で! いや、むしろレタリングシールのほうが几帳面な印象でいいよね。オシャレだし。えーと、B・A・K・U・F・U・S・U・R・A・N・P・U、と。みんな英語じゃなくてローマ字でコツコツ作ってたなあ。空気が入らないように耳かきなんか使ってさ~。それに、先輩のおうちでテープ・コレクションを覗いた時、綴りが間違っているとちょっとがっかりしたものです……。

テープ
パソコンでプリントアウトするのではなく、あくまでも手書きにこだわりたい

 さて、そんな思い出トークはともかく、こちらのミックステープ・USBスティックは限りなくアキバに近いUKデザイン。あずき色、濃い灰色、薄い灰色、もうちょっと薄い灰色など6色のカラーリングよりチョイス可能です。USBの容量はさらっと聴ける長さの64MB。ひとつ20ポンド(約4200円)で販売されています。さ~、エアチェックするぞ~!


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン