このページの本文へ

長くてオサレな海外デザインケータイ

2008年05月27日 04時11分更新

文● 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長ーい携帯電話が登場しました。Tamer Koseli氏によるコンセプトデザインです。「Need」というそうです。

Need写真
細長~い携帯電話のコンセプトデザイン「Need」

 サイズは、幅2×長さ14×厚さ0.5cmです。見た目のインパクトに騙されそうですが、実は長さだけを見たら、特別長いわけではないのです。デザイン的にただただ細長いのです。本当に長かったら「携帯」できなくなるでしょ? 15cm定規くらいの大きさと考えて頂ければよいかと思います。

 画面は、タッチパネル式ディスプレーと有機EL(OLED)ディスプレーを備えています。見た目からお分かりのように、キーパッドはなくて、主な動作はタッチパネルで行ないます。先日発表されたPRADAフォンのようですね。音楽再生機能やカメラも非搭載で、通話に特化した携帯電話となっています。

Needイメージ写真
「Need」を手にするモデルさん。実際に持ってみるとフツーの長さです

 画面上、時刻が表示されている部分を下へスクロールするとロックが外れ、アンテナ状態やバッテリー残量などがアイコン表示されます。さらに下へスクロールすると電話帳が表示されて、任意の相手へ電話をかけられます。直接タッチパネルで電話番号を入力してもいいみたいですが、ちょっと不便かも……。

Needインターフェイス写真
タッチパネルで電話番号を入力。私も悪筆ですが、この写真のかたも結構…。でもこのレベルで認識してくれるのなら、逆に安心して使えるかも?

 でも「Need」といいPRADAといい、デザインに凝るとキーパッド非搭載になってしまうのね……。私は字が下手でタッチパネルのテキスト入力も苦手だから、使いこなせるかどうか微妙です。間違い電話多発しちゃうかも。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン