このページの本文へ

丸紅インフォテック、天然木を使ったiPodケース「木織テナージュ iPodケース」を発売

天然木と京都西陣織の技法でiPodを包む

2008年05月26日 18時32分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

丸紅インフォテック(株)は26日、天然木を用いた新素材「木織(きおり)テナージュ」を活用したiPodシリーズ用ケース9製品を6月初旬に発売する。 価格はすべてオープンプライスで、実売価格は6980円〜9980円だ。

木織(きおり)テナージュ」はゼロワンプロダクツ(株)との共同開発による素材で、天然木を自動織機で織ることで誕生した世界初の天然木織物だ。製品ごとに固有の木目を持ち、木の質感もそのまま。しかも、西陣織の技術を採り入れたことで自在性と伸縮性があり、木材ながら折り曲げても割れないという。

エッジ部、コードマネージャー部、ホルダー部にはレザーを使用しており、角を指などに引っかける心配はない。また、中のiPodを傷つけないように、裏地はスエードを使用している。もちろん、ケースに入れたままでiPodを操作できる。

素材別に「シルバーハートモデル」と「黒檀モデル」の2種類にがあり、それぞれiPod touch/iPod classic 80GB/iPod nano 3Gに対応した3サイズが用意されている。写真は、iPod touch用シルバーモデル(上)とiPod classic 80GB用黒檀モデル(下)

kiori05

iPod 3G用黒檀モデルは、さらに4色のカラーバリエーションを展開する

本体サイズ/重量は、iPod touch用が縦12.2×横7.1×厚さ1.7cm/約53g、iPod classic 80GB用が縦11.1×横7.5×厚さ1.7cm/約45g、iPod nano 3G用が縦8.7×横6.4×厚さ1.5cm/約25g。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中