このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

富士通 × 向谷 実の音楽館による超リアルなシステム

3千万!フルハイビジョンの鉄道シミュレータ

2008年05月08日 22時55分更新

文● 小橋川誠己/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音楽館
音楽館の向谷 実代表取締役社長。向谷さんは、フュージョンバンド「カシオペア」のキーボーディストとしても知られています

 そのリアルな映像から鉄道ファンの心をぐっとつかんで離さない、という鉄道シミュレータションソフト「Train Simulator」(TS)。1995年のMac版登場以来、プレイステーション2やPSPといった家庭用ゲーム機で幅広くシリーズ展開し、最近では台湾版も発売された人気ソフトです。

 そんなTrain Simulatorの技術が、ついにホンモノの鉄道シミュレータに採用されることになりました。その名も「鉄道運転シミュレータシステム」。5月8日に富士通(株)が発表したこのシステムには、Train Simulatorの開発元である(株)音楽館が技術協力。運転士の運転訓練用として鉄道事業者向けに販売する、正真正銘の業務用システムです。

音楽館
実際の走行画面。デモで紹介されたのは東急東横線でしたが、「依頼さえいただければ、JRの全線でも作れます」(向谷社長)とのこと

 自慢はやはり映像の美しさ。実際の運転席からの眺めに限りなく近い、フルハイビジョンによる実写映像を実現。導入時には実在の路線を走行中の様子をあらかじめ撮影しておき、それを運転操作と連動して再生します。このとき、再生フレーム数を変化させずに映像再生速度を変化させる「可変速再生」という技術を使うことで、加速・減速といった動きにも対応しつつ、毎秒60フレーム・1920×1200ドットの高画質な映像を維持しているのだそうです。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン