このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

富士通 × 向谷 実の音楽館による超リアルなシステム

3千万!フルハイビジョンの鉄道シミュレータ

2008年05月08日 22時55分更新

文● 小橋川誠己/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音楽館

「加速・減速してもカクカクすることなんてまったくありませんよ」と披露する向谷社長

 ちなみに音楽館の向谷 実代表取締役社長によると、現在、鉄道会社が利用しているシミュレータはCGを使ったものがほとんどなのだとか。しかも、「コストがかかるため、区間は4駅程度のバーチャルな駅に限定しているものが多い」のだそうです。向谷社長は、「競合は一切いない」「富士通の営業マンから『鉄道会社の担当者に見せるたびに驚かれた』という報告を毎日のように受けている」と自信満々の様子。

 また、ネットワーク機能を持たせているのも特徴で、各訓練所の訓練成績を富士通のデータセンターで一元管理したり、インターネット経由で最新の映像にアップデートする、といったことも予定されています。

 ちなみに気になるお値段は3000万円から。さすがに個人で買うにはお金持ちの鉄道ファンとてちと厳しそうですが、富士通では交通関連の博物館や子供向け施設にも販売したいとのこと。近い将来、気軽に体験できる機会が来るかもしれませんね。

音楽館

富士通はこのシステムを4つの方法で提供予定。写真は実寸大モックアップ車両を使った「Aシステム」。ほかに、簡易運転台を使った「Bシステム」、PCとハンドル型運転台を使った「Cシステム」、ノートPCを使った「Dシステム」をラインナップ

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン