このページの本文へ

共有コンポーネントの安定性とパフォーマンスが向上

アップル、iLife '08用アップデーター「iLife Support 8.2」を公開

2008年02月14日 00時52分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は13日、iLife '08用のアップデーター「iLife Support 8.2」を公開した。iLife '08ユーザーは「ソフトウェア・アップデート」経由でアップデートできるほか、同社のダウンロードサイトからも入手可能だ。

Software Update アップルメニューから「ソフトウェア・アップデート」を実行するとアップデーターが現れる。日本語環境では「iLifeサポート 8.2」という名称だ

本アップデーターでは、iLifeメディアブラウザーや主にTigerでの描画ライブラリーなど、iLife各ソフトが共有するコンポーネントの安定性とパフォーマンスが向上。また、ライブラリーの構造が変更された「Aperture 2.0」との問題も修正されている。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中