このページの本文へ

オープングルーヴ、法人向け検索アプライアンスサーバ発表

2008年01月28日 19時00分更新

文● アスキービジネス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オープングルーヴは、法人向け検索アプライアンスサーバ「zeera document search」を発表した。


必要なときに必要な文書を早く確実に探せる


 「zeera document search」は、企業が持つ膨大な文書ファイルを検索するアプライアンスサーバ。検索対象はマイクロソフトのOfficeやODFフォーマット、一太郎、PDFなどの各種文書ファイルに対応している。

 Active Directoryサービスに対応し、共有ファイルの権限を一括管理できるため、検索結果には、ユーザーのアクセス可能なファイルのみが表示される。そのため、重要度の高いファイルを権限のないユーザーに知られることなく、情報漏えいを未然に防ぐことが可能。また、数百万件レベルの電子文書の検索結果の並び替えや、絞り込みをメモリ嬢で実行できるため、強力なパフォーマンスを発揮する。

 料金は、購入の場合、初期導入費で84万円、サポートおよびアップデート料金として年額11万8000円。リースの場合、初期導入費が31万5000円で、サポートおよびアップデート料金として年額3万9900円。なお、導入事例として協力する企業に導入費用を無料にするキャンペーンを実施する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ