このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソレスタルビーイングの宇宙に浮かぶ基地「プトレマイオス」を入手せよ!

2007年11月23日 23時42分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今もっとも旬な「機動戦士ガンダム00」

 毎週のように新製品を投入してくる「機動戦士ガンダム00」のプラモデル。今週はかなり大がかりなアイテムが発売だ。まず一番の目玉商品は主人公達が所属する「ソレスタルビーイング」の本拠地となっている宇宙戦艦「プトレマイオス」だ。1/400スケールと聞くと小さく感じてしまうが、何しろガンダム4機を収容している宇宙戦艦、元々がかなり大きなサイズなので1/400といっても巨大なモデルだ。先日サンプル展示をご紹介したが、今回は別のショップでセットのガンダムを搭載した形での展示もあったのでそちらも見て欲しい。本体の箱も、キットのサイズに見合った大きな箱で、ショップでも入荷数は少ないようだ。店頭での販売価格は9000円程度となっていた。

箱の上部には運搬用の取っ手が付いていた。ショーケースの上に乗っているが、これは広告用の大きなサンプルBOXなどではなく、れっきとした製品だ
コンテナに収納されているヴァーチェやキュリオス、さらに発射カタパルトのエクシアと、MSと一体となった展示が行えるのも魅力。アソビットキャラシティでは天井から吊されているので、色々な角度からじっくり楽しめた

 そしてお馴染み1/144スケールキットでは、HGシリーズに2機種が追加。今回は可変型の「ガンダムキュリオス」と人類革新連盟が採用している「ティエレン(地上型)」。まず「ガンダムキュリオス」は、最大の特徴であるMS形態と飛行形態の可変を再現。パーツの差し替えは必要になるが、シールドの変形などの細かなギミックも再現されている。00シリーズに登場するガンダムの特徴であるレンズ部分は、クリアパーツやホイルシールでリアルに作られている。「ティエレン(地上型)」は、派手なギミックや兵装こそないが、動くモノアイや無骨なデザインながらも、可動部分の多い脚部により多彩なポーズが楽しめる。店頭での販売価格はキュリオスが1300円程度、ティエレンが1000円程度だ。

HG ガンダムキュリオスとHG ティエレン地上型のパッケージ。パッケージはHGシリーズの標準的なサイズだ
サンプル展示してあったキュリオスの飛行形態。関節の可動範囲が広いのは、変形にも活かされているようだ

 今まで1/144スケール、1/100スケールなど、常に新しいモデルの先陣を切ってきた主人公機「ガンダムエクシア」だが、今回も「MS IN ACTION!!」の「機動戦士ガンダム00」シリーズ第1弾として登場。コンパクトサイズながら可動範囲にこだわった「MS IN ACTION!!」シリーズの名に恥じない「曲げ」と「回転」を実装し、自然なポージングを行なえるようになっている。店頭での販売価格は1500円程度だ。MS IN ACTION!!」は、12月には残り3機のガンダムも発売予定となっており、今後が楽しみなところに加え、2008年2月12日まで「ガンダム00キャンペーン」を実施中。これは「EXTENDED MS IN ACTION!!」や「MS IN ACTION!!」のパッケージ折り返しに付いている応募券1枚と、MS IN ACTION!! ガンダム00シリーズに付いている応募券を組み合わせて申し込むと、「ガンダムエクシア クリアカラーエディション」が抽選で2000名に当たるという内容だ。

「MS IN ACTION!! ガンダムエクシア」は、パッケージで大きくキャンペーンの告知も行われている
足の向き、上半身のひねり、頭の向きとそれぞれ違う方向を向きながら自然なところが「MS IN ACTION!!」のすごいところだ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ