このページの本文へ

富士ゼロックス、LEDプリントヘッドを採用したカラープリンターを発売

2007年11月20日 22時33分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士ゼロックス(株)は20日、プリント方式にLED光源を採用した「LEDプリントヘッド」を搭載するカラーページプリンター「DocuPrint C2250」を発表した。12月21日より出荷を開始する。価格は19万8000円(税別)。

DocuPrint C2250

DocuPrint C2250

 線形に配置されたLEDを順次自動発光させて光源とするデバイス「Self-Scanning Light Emitting Device」(SLED)を搭載することで、LEDプリントヘッドは1200dpi×2400dpiの解像度出力を実現している。LED方式の課題点だった光量ムラによる画質の不安定さなどを、斜めの線滑らかに再現する「新イメージエンハンスメント処理技術」や高画質補正技術「LEDプリントヘッド画素位置補正+カラーレジ補正」などを採用することで解決している。

 また、レーザー方式と異なりミラーを回転させるモーターなどが不要なため、容積比で約40分の1の小型化に成功している。そのほか、モーターがないことによる駆動音の減少故障の発生率を軽減できるとしている。

 印刷速度はA4横のカラー/モノクロで毎分25枚。給紙枚数は標準で660枚(給紙カセット560枚、手差しトレイ100枚)に対応し、オプションの3トレイキャビネット(560枚×3段)を追加することで最大2340枚の給紙が可能。

 インターフェースはパラレル、10/100BASE-TX対応Ethernet、USB 2.0(Hi-Speed)×2。電源はAC100V。消費電力は最大1230W。本体サイズは幅640×奥行き665×高さ399mmで、重量は63kg(消耗品含む)。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Windows Server 2003、Mac OS X 10.3.9/10.4.10など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン