このページの本文へ

400MB/秒での高速データ転送を実現

フォーカル、デスクトップRAIDストレージシステム「CalDigit HDPro」シリーズを発売

2007年11月20日 23時22分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フォーカルポイントコンピュータ(株)は20日、米カルディジット社製のデスクトップRAIDストレージシステム「CalDigit HDPro」シリーズ4機種を発売した。価格はオープンプライスで、同社のオンラインショップ「Focal Store」での販売価格は2TBモデルが63万円、4TBモデルが94万5000円、6TBモデルが105万、8TBモデルが157万5000円。

CalDigit HDPro」シリーズは、映像やオーディオなどのメディアコンテンツ制作者向けのストレージソリューションだ。RAID0/1/5/6/JBODをサポートするコントローラーや、8台のSATAディスクドライブを搭載するエンクロージャーが特徴。マシンとドライブエンクロージャー間は、理論値で20Gbpsの高速データ転送を実現する4レーン専用のExternal PCIeケーブルで接続する。これにより、実測で約400MB/秒での高速で安定したデータ転送が可能だ。

CalDigit HDPro
パリティーデータによる冗長性を備えたRAID構成をサポートしているため、4:4:4/HD/SDビデオ編集やアーカイビングなどの用途にも対応
CalDigit HDPro オーストラリアのブラックマジックデザイン社が推奨ストレージとしており、同社の「DeckLink」や「Multibridge」シリーズと組み合わせることで、高速、高品質なビデオ編集が実現する

対応システムは、Mac OS X 10.4以上(Leopard対応)またはWindows 2000/XP/Vista、Linux。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中