このページの本文へ

プラネックスからXGAに対応した7インチディスプレイ「LCD-7CX」登場!

2007年10月04日 23時50分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プラネックスからXGAに対応した7.1インチディスプレイ「LCD-7CX」が登場した。

「LCD-7CX」 「LCD-7CX」
XGAに対応したプラネックス製7.1インチディスプレイ「LCD-7CX」

 「LCD-7CX」は小型ディスプレイとしては高解像度となるXGA(1024×768ピクセル)液晶を採用した7.1インチディスプレイ。
 以前まで販売していた「LCD-7C」の後継モデルとなり、「LCD-7C」の解像度が640×480ピクセルのVGA液晶を採用していたのに対して、サイズはそのままに高解像度しているのが特徴となる。

 主な仕様は、サイズが224(W)×32(D)×132(H)mm、重量は約600g。ディスプレイにシャープ製7.1インチ液晶を採用。映像入力はVGA、VIDEO(NTSC)、音声が出入力ともにステレオミニジャック、内蔵スピーカはモノラル(0.8W)など。価格はパソコンハウス東映で4万2800円となっている。

「LCD-7CX」 「LCD-7CX」 「LCD-7CX」
主な仕様は、サイズが224(W)×32(D)×132(H)mm、重量は約600g。ディスプレイにシャープ製7.1インチ液晶を採用。映像入力はVGA、VIDEO(NTSC)、音声が出入力ともにステレオミニジャック、内蔵スピーカはモノラル(0.8W)など

 なお、解像度640×480ドットの製品としては、過去にセンチュリーから「LCD-7100V」が登場している。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中