このページの本文へ

これから伸びる!? 新技術

ケータイに3Dコミュニケーションの波がやってきた

2007年09月21日 23時00分更新

文● 吉川大郎(編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊アスキー 2007年10月号掲載記事

セカンドライフの登場で俄に注目を集め始めた3D仮想空間だが、その波はケータイデバイスにも訪れている。ソフトバンクモバイルの「S!タウン」がそれだ。ユーザーは、仮想の世界S!タウンの中で、広場に行ったり、ゲーム、買い物などをしながら、他人とのコミュニケーションを楽しむ。対応機種が91x、81x以降の3G携帯となっていることもあってなのか、昨年9月の発表から1年近く経った今でもそれほど話題には上ってこない。しかし実はコレ、ケータイ画面が3D化する前兆とも見て取れるため、注目したい。単にケータイで3D仮想空間サービスが始まった、というだけならば、「ああ、最近のケータイは機能が向上しましたね」と言ってお終いなのだが、S!タウンの裏側では、さまざまな企業が3D仮想空間サービスを開始できる「仕組み」が動いているのである。

ケータイの3D仮想空間 ケータイの3D仮想空間 ケータイの3D仮想空間
ソフトバンクモバイルの「S!タウン」。左の街角は「S!タウン」の中の「カルチャータウン」。S!タウンは中央広場が中心になり、そこにカルチャータウンをはじめ4つのタウンを抱えている。

その仕組みの名前は「eXplo」。技術的な用語で言えば、「3D仮想空間サービス用のプラットフォーム」ということになるが、簡単に言うと、eXploは3D仮想空間サービスに必要な、3D描画エンジンやメッセージングといった基本的な機能を備えている。そのため個々の企業は、デザインだったり付加的な機能のみを開発すればいいのだ。eXploの開発元であるジェミナイ・モバイル・テクノロジーズのホームページに行くと、S!タウンとは似ても似つかない、リアル指向のアバター(自分の分身キャラ)が3D仮想空間に佇むデモが見られる。今後、ケータイで3D仮想空間サービスは流行するのだろうか?ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズの代表取締役マイケル・ツォー氏は「海外でも3D仮想空間サービスの相談を受けています」と言う。ツォー氏は3Dそのものの利点も語ってくれた。「3Dは画面が大きく見えます。奥行きがありますからね。2Dのページに比べたら、表示できる情報量が多くなるわけで、これは広告ビジネスにも有効だと思いますよ」。

3D仮想空間サービスの世界は、まだまだ始まったばかり。トップになれる可能性は、まだ誰にでもある。

マイケル・ツォー氏写真ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ代表取締役マイケル・ツォー氏。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1222 (2019年3月19日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ASCII 春のベストセレクション 2019!編集部注目のデジタルガジェットを紹介

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中