このページの本文へ

回転数/電力調整も!OS上からソフトウェア制御が可能なGigabyte製電源ユニット発売!

2007年09月05日 21時00分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前お伝えした回転数/電力調整もOS上からソフトウェア制御が可能なGigabyte製電源ユニット“ODIN GTシリーズ”が発売された。

“ODIN GTシリーズ” “ODIN GTシリーズ”
回転数/電力調整もOS上からソフトウェア制御が可能なGigabyte製電源ユニット“ODIN GTシリーズ”

 本製品は、本体に備わるUSBデータケーブルをPCに接続し付属のソフトウェアをインストールすると、“パワーチューナー”と呼ばれるモニタリングおよび制御画面が現れ、使用中の電力消費はもちろん、電源ユニットが搭載する140mm角のファン回転数やその他の1基のファン回転数、任意の場所に取り付けた温度センサーによる4箇所の温度、電圧/電流などがモニタリング可能な電源ユニットだ。

USBデータケーブル パワーチューナー
本体に備わるUSBデータケーブルをPCに接続し付属のソフトウェアをインストールすると、“パワーチューナー”と呼ばれるモニタリングおよび制御画面が現れ、使用中の電力消費はもちろん、電源ユニットが搭載する140mm角のファン回転数やその他の1基のファン回転数、任意の場所に取り付けた温度センサーによる4箇所の温度、電圧/電流などがモニタリング可能だ

 さらに、温度によるファンの回転数の設定やアラーム機能、加えて+12V/+5V/+3.3V各ラインの電力調整も可能というオーバークロッカーには見逃せない機能も搭載する。

 また、搭載する140mm角ファンはブルーLEDで発光する仕組みで、こちらも点灯のON/OFFが制御画面から変更可能となっている。今回入荷が確認できたのは、出力800Wの「ODIN GT 800W」のほか、出力550Wの「ODIN GT 550W」の2モデル。価格は「ODIN GT 800W」がアークと高速電脳で2万8800円、ツクモケース王国で2万9799円、T-ZONE.PC DIY SHOPで29980円、「ODIN GT 550W」がアークと高速電脳とT-ZONE.PC DIY SHOPとツクモケース王国で1万7800円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中