このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第56回

エクスプローラのメニューバーが表示されなくなった

2007年08月10日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Vistaの“エクスプローラー”のインターフェースは、ファイルやフォルダの内容に応じたタスクや機能を選択できるメニューが表示されるようになった。しかし、Windows XPと同じメニューバーも用意されている。使い慣れたメニューで操作したいなら、メニューバーの表示方法を覚えておこう。

Windows XPのウィンドウには、“ファイル”“編集”“表示”などのメニューが常時表示されている

Windows XPのウィンドウには、“ファイル”“編集”“表示”などのメニューが常時表示されている

Windows Vistaは内容に合わせたタスクが表示されるようになった

Windows Vistaは内容に合わせたタスクが表示されるようになった。便利ではあるが、フォルダオプションをすぐに開きたい場合など、従来のメニューのほうが素早く操作できることもある

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

Windows Vistaのエクスプローラーでは、Altキーを押すとメニューバーが表示されるようになる。エクスプローラーのウィンドウだけでなく、Internet Explorer 7でも同様だ。メニューバーはもう一度Altキーを押すか、メニュー以外の画面をクリックするまで表示されている。

常にメニューバーを表示させたいなら、フォルダオプションの設定を変更する。しかしメニューとタスクが2段に渡って表示されるので、ファイルを表示する部分がやや狭くなってしまう。そのため、通常はAltキーを使うことをおすすめする。設定方法は以下のとおり。

Altキーを押してメニューバーを表示し、“ツール”メニューから“フォルダオプション”を選択

Altキーを押してメニューバーを表示し、“ツール”メニューから“フォルダオプション”を選択

“詳細設定”→“常にメニューを表示する”にチェックすれば、メニューバーが消えずにいつでも表示される

“詳細設定”→“常にメニューを表示する”(赤枠内)にチェックすれば、メニューバーが消えずにいつでも表示される

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン