このページの本文へ

ショップも悲鳴!? SilverStoneから一挙に電源ユニット11モデル集中投入!

2007年07月25日 23時50分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、SilverStoneからなんと電源ユニットが一挙に11製品も登場した。

 今回登場したのは、「STRIDER ST1000」、「Zero Acoustic SST-ST」、“ELEMENT”シリーズから2モデル、“Decathlon”シリーズから3モデル、“Olympia”シリーズから4モデルの合計11モデル。

SilverStoneから「STRIDER ST1000」「Zero Acoustic SST-ST」「ELEMENT ST50EF-Plus」「ELEMENT ST50EF-Plus Short cable edition」“Decathlon”シリーズから3モデル、“Olympia”シリーズから4モデルの合計11モデルが登場 SilverStoneから「STRIDER ST1000」「Zero Acoustic SST-ST」「ELEMENT ST50EF-Plus」「ELEMENT ST50EF-Plus Short cable edition」“Decathlon”シリーズから3モデル、“Olympia”シリーズから4モデルの合計11モデルが登場

「STRIDER ST1000」

STRIDER ST1000
STRIDER ST1000

 着脱式ケーブルを採用する定格1000W ATX電源ユニット。価格は、TSUKUMO eX.とツクモケース王国で3万9800円。

「Zero Acoustic SST-ST」

Zero Acoustic SST-ST
Zero Acoustic SST-ST

 定格300WのファンレスATX電源ユニット。価格は、TSUKUMO eX.とツクモケース王国で1万8800円。

「ELEMENT ST50EF-Plus」
「ELEMENT ST50EF-Plus Short cable edition」

ELEMENT ST50EF-Plus/Short cable edition
ELEMENT ST50EF-Plus/Short cable edition

 定格500WのATX電源ユニット。本体サイズやスペックなどは同一だが、ケーブル長の違いにより2製品に分けられている。“Short cable edition”は主にケーブルが邪魔になる場合を想定して使用するとのことだ。価格は、「ELEMENT ST50EF-Plus」「ELEMENT ST50EF-Plus Short cable edition」ともにTSUKUMO eX.とツクモケース王国で1万2800円となっている。

“Decathlon”シリーズ

「SST-DA850」 「SST-DA750」 「SST-DA650」
「SST-DA850」「SST-DA750」「SST-DA650」

 着脱式ケーブルを採用したATX電源。定格850Wの「SST-DA850」、定格750Wの「SST-DA750」、定格650Wの「SST-DA650」の3モデルがラインナップされている。搭載ファンは12cm角。ノイズレベルは22~23dB。
 価格は、「SST-DA850」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で3万5800円、「SST-DA750」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で2万8800円、「SST-DA650」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で2万4800円となっている。

“Olympia”シリーズ

「SST-OP1000」 「SST-OP850」
「SST-OP1000」「SST-OP850」
「SST-OP750」 「SST-OP650」
「SST-OP750」「SST-OP650」

 静音12cm角ファンを搭載したATX電源ユニット。定格1000Wの「SST-OP1000」、定格850Wの「SST-OP850」、定格750Wの「SST-OP750」、定格650Wの「SST-OP650」の4モデルがラインナップ。ノイズレベルは22~23dB。
 価格は、「SST-OP1000」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で4万4800円、「SST-OP850」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で3万2800円、「SST-OP750」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で2万4800円、「SST-OP650」がTSUKUMO eX.とツクモケース王国で2万1800円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中