このページの本文へ

東芝、“dynabook SS RX1”のフラッシュメモリーモデルの発売日を延期

2007年07月25日 19時13分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は25日、6月5日に発表していた薄型軽量モバイルノートパソコン『dynabook SS RX1』((関連記事))のうち、HDDに代えてフラッシュメモリーディスクドライブを内蔵したモデル(型番:PARX1T9ALA)1機種の発売日を、当初の今月下旬から8月上旬に延期したと発表した。

延期の理由について同社では、「一部部材調達の遅れによって」とのみ述べており、具体的な理由は明かしていないが、HDDモデルなどは予定通り出荷されると述べていることから、フラッシュメモリーディスクドライブ(64GB)の不足が原因と推測される。なお、これに伴う仕様の変更などは発表されていない。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン