このページの本文へ

企業向けASP型マネージド セキュリティ サービス

「Microsoft(R) Exchange Hosted Filtering」スパムメール撲滅キャンペーン開始

2007年07月02日 14時24分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、電子メールのフィルタリング サービスである「Microsoft(R) Exchange Hosted Filtering」について、3年間の初回契約期間中、1ユーザー、1ヶ月あたりの参考価格を通常より30% 相当割引の 238 円でお使いいただける「スパムメール撲滅キャンペーン」を、2007年7月1日から2007年12月31日まで実施します。

本サービスは、 Exchange ServerもしくはSMTPプロトコルをサポートするすべての電子メールサーバーに対して、インターネット上で電子メールのフィルタリング、アーカイブ (保存・保管)、継続運用および暗号化をサービス提供するマネージド セキュリティ サービス「Microsoft(R) Exchange Hosted Services」のひとつです。
 現在、インターネットを流れる電子メールの80~90%がスパムメールと言われています。※1「Microsoft Exchange Hosted Filtering」を導入することで、スパムメールによる企業ネットワークの負荷を軽減し、ユーザーの生産性を向上させます。また、スパムメールを起因とする機密情報の漏洩を防ぎ、企業の内部統制を強化することができます。
※1 出典:IPA「情報セキュリティ白書 2007年版」
 Exchange Hosted Filteringにより提供される主な機能と特長は、以下のとおりです。
■ ウイルスに対する保護機能
 Exchange Hosted Filtering は、既知のウイルスから組織を保護し、ウイルス感染を防ぐのに役立ちます。Exchange Hosted Filtering は少なくとも3つの異なるウイルス対策エンジンを常時使用し、新たなウイルスが出現したときにも直ちに追加のエンジンを組み込むことが可能です。複数のウイルス対策エンジンを組み込むことにより、防御率が高くなります。
■ スパムに対する保護機能
 Exchange Hosted Filtering は、常に更新される複数のフィルタエンジンを使い、受信トレイからスパムを排除し、企業ネットワークの帯域幅とサーバーの負荷を減らします。また、スパムメールによる機密情報の漏洩やID 盗難のリスクを軽減します。
■ ポリシーの適用
 Exchange Hosted Filtering により、管理者は、電子メール利用に関する企業ポリシーと政府の規制に準拠するポリシーを適用できます。直感的なポリシー ルールライタを使用すると、発信元 IP、送信者、受信者、メッセージサイズ、添付ファイル、件名または本文中の特定のテキストなど、実質的に任意のメッセージ属性に基づいて電子メールメッセージを容易に監視および管理できます。
■ 障害回復
 ユーザーの電子メールサーバーまたはインターネット接続がなんらかの理由で使用できなくなった場合、Exchange Hosted Filtering は、電子メールが1通でも失われたり返送されたりすることがないようにします。受信電子メールは、セキュリティが強化された環境において、最長で5日間、キューに保管されます。ユーザーの電子メールサーバーが回復すると、キューに保管されたすべての電子メールは、フロー制御に従って自動的に転送されます。ダウンタイムが長引いた場合、Web ベースインターフェイスを介して、電子メールを別のサーバーにルーティングし直したり、使用可能な状態にしたりすることが可能となります。
* Exchange Hosted Servicesの詳細は弊社Webサイト
http://www.microsoft.com/japan/exchange/services/services.mspx をご参照ください。
* ライセンスは以下のキャンペーンサイト、もしくは弊社販売代理店よりご購入いただけます。
スパムメール撲滅キャンペーンサイト
http://www.microsoft.com/japan/exchange/campaign/ehf/
キャンペーン概要
キャンペーン名: スパムメール撲滅キャンペーン
対象製品: Exchange Hosted Filtering
価格: 3年間の初回契約期間中、1ユーザー、1ヶ月あたりの参考価格 238 円 (30% 相当割引)
対象ライセンス: Open Value
Select License
申込期間:2007年7月1日から2007年12月31日まで
Open Value ライセンスの詳細は弊社Webサイト
http://www.microsoft.com/japan/licensing/openvalue/default.mspx を参照ください。
Selectライセンスの詳細は弊社Webサイト
http://www.microsoft.com/japan/licensing/select/default.mspx を参照ください。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン