このページの本文へ

存在しないウイルス/スパイウェアを検出とウソの報告

ウェブルート・ソフトウェア、詐欺的ソフト『WinAntiVirusPro 2007』を発見

2007年05月24日 12時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウェブルート・ソフトウェア(株)は24日、詐欺的な偽装セキュリティーソフト“WinAntiVirusPro”シリーズの最新版、『WinAntiVirusPro 2007』日本語版を発見したと発表した。

『WinAntiVirusPro 2006』 画像は前バージョンである『WinAntiVirusPro 2006』

WinAntiVirusPro 2007は、ユーザーのパソコン内に実際には存在しないウイルスやスパイウェアを、検出されたかのように表示する偽装セキュリティーソフト。誤ってインストールを行なってしまった場合でも、WinAntiVirusPro 2007のアンインストーラーを利用して削除することができる。

同社では現時点で、購入先のウェブページは英語のみで提供されているが、誤って購入しないようにユーザーに注意を促している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン