このページの本文へ

2007年5月15日のリリース

2007年05月16日 22時44分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新世代ERP体系

2007/5/15 発表

SOAをベースとした新世代ERP体系“ビジネス活動統合基盤”を確立

富士通(株) 発

富士通は、ERPソリューションの段階的な導入と継続的な改善を可能にする、SOA(サービス指向アーキテクチャー)をベースとした新世代ERP体系“ビジネス活動統合基盤”を確立したと発表した。新体系の中で、ERPソリューションのSOA連携に加え、新たに企業活動のプロセスと結果に関するデータを採取し、それをXML形式で蓄積する企業総活動記録“GLOVIA/Business Activity Recorder”を提供する。

ASPサービススタート

2007/5/15 発表

アクセラテクノロジ、ウェブサイト内検索ASPサービスを提供開始─対象ページ上限数無し

アクセラテクノロジ(株) 発

アクセラテクノロジは、ウェブサイト内検索のASPサービスを開発し『Accela BizSearch ASP』(アクセラビズサーチエーエスピー)として7月2日より提供を開始する。既存のウェブサイトに検索機能を容易に追加できる。特殊な商品名や型番でも検索漏れの発生しない“N-gram”方式を採用。HTMLに加えてPDF/Word/PowerPoint/Excelなどのオフィス系文書が検索でき、サイトの変更内容をRSS2.0フォーマットにて自動で配信することもできる。ウェブアクセス解析ツールをオプションにて提供。

9450円(月額)

シンクライアントASPサービス

2007/5/15 発表

シンクライアントASPサービス“シンクラ@PTOP”を販売開始

沖電気工業(株) 発

OKIの関連子会社の沖電気ネットワークインテグレーション(株)は、日本ヒューレット・パッカード(株)のクライアント統合ソリューション『HP CCI』を活用したシンクライアントASPサービス“シンクラ@PTOP”を、15日より販売すると発表した。提供開始は8月1日。同サービスは、月額のASPサービスであるため、初期投資を抑えられる。また、『HP CCI』は、端末1台に対して、ひとつのハードウェアを専用で割り付けることで、急激に負荷がかかる時間帯であっても、数台から数百台規模まで安定した処理ができる特徴も持つ。(図はサービスの構成イメージ)

端末1台当たり月額1万6000円(導入端末台数などにより変動)

文書管理システム

2007/5/15 発表

ワークフロー付きWebベース文書管理システム“WEBDCM”の新版を発売

NECソフト(株) 発

NECソフトは、ウェブブラウザにより操作性を向上させた文書管理システム“WEBDCM/デジタルコンテンツマネージャー”の最新版(Ver.3.0)を、15日に発売すると発表した。“WEBDCM”は、文書を始めとするデジタルコンテンツの登録・公開・検索、参照・改版・削除などをウェブベースで運用することで、安全で効率的なオフィス環境の実現を支援するシステム。新版では、コンテンツ登録・検索の効率化とコンテンツ管理の効率化・セキュリティ強化が図られた。

クライアントライセンスフリーで90万円(税別)から

I/O仮想化コントローラ発表

2007/5/15 発表

シーゴシステムズ、I/O仮想化コントローラ『VP780』を発表

シーゴシステムズ・ジャパン(株) 発

シーゴシステムズ・ジャパンは、15日、サーバのインターフェースを集約し、I/Oリソースの仮想化を実現するI/O仮想化コントローラ『Xsigo VP780』を発表した。多数のサーバのI/Oを、1つのハードウェアに集約し仮想化することで、機器間接続の配線や運用管理を簡素化し、これにまつわるシステム障害を低減するほか、I/O拡張にかかるコストを約50%削減するとしている。集約・仮想化したI/Oリソースの運用管理やプロビジョニングは、CLI、GUI、あるいは同社が公開するAPIを通じて行うことができ、物理サーバの再起動は不要。

600万円~

ディスクアレイサブシステム新製品

2007/5/15 発表

仮想化機能を進化させた新ディスクアレイサブシステム“Hitachi Universal Storage Platform V”発売

(株)日立製作所 発

日立製作所は、ディスクアレイによる仮想化技術をさらに進化させ、エンタープライズクラスとして世界で初めてボリューム容量仮想化を実現させた新ディスクアレイサブシステム“Hitachi Universal Storage Platform V”を製品化し、15日より販売する。ボリューム容量仮想化とは、ストレージ全体の使用効率を向上するため、サーバ・アプリケーションからの書き込みデータ分のみ実記憶容量を使用する機能。これまでデータが書き込まれていなかった実記憶領域を有効に利用できる。同時にストレージ管理ソフトウェア、ストレージサービスの提供を開始する。

1億1052万3000円~

業務提携

2007/5/15 発表

PeXと電通が、ポイントサービスおよびマーケティング分野で提携

(株)ECナビ、(株)PeX、(株)電通 発

ECナビおよび子会社のPeXと電通は、ポイントを活用したマーケティングサービス分野で協業すると発表した。また、電通と、(株)電通ドットコムの運用するファンドがPeXの株式を取得することについても合意した。今後、3社が持つノウハウやリソースを活かし、販促やマーケティング領域において各事業でのポイントの活用、ポイントを利用した新しい事業の可能性などについて検討していくという。

企業提携

2007/5/15 発表

ACCESS とプラネックスがライセンス契約を締結

プラネックスコミュニケーションズ(株)、(株)ACCESS 発

プラネックスコミュニケーションズは、(株)ACCESSのDLNA対応機器向けミドルウェア『NetFront Living Connect』を搭載した情報家電向けネットワーク機器を開発・販売することで合意し、15日に包括ライセンス契約を締結した。NetFront Living Connectは、次世代向けの最新仕様であるDLNA version 1.5に対応したミドルウェア製品であり、『NetFront Browser』とのスムーズな連携が可能。開発に着手する新製品は、『NetFront Living Connect』を搭載した初のDLNA1.5 およびDTCP-IP対応商用機となる予定。

ASP事業

2007/5/15 発表

サイボウズ、フィードパスとASP事業の強化で協業

サイボウズ(株) 発

サイボウズは、フィードパスとASP事業を強化するため協業すると発表した。フィードパスは、サイボウズのお手軽Webグループウェア『サイボウズ Office 6』とWEBデータベース『サイボウズ デヂエ』をASPにより提供する。『サイボウズ Office 6』は、「スケジューラー」や「掲示板」機能を使うことで、スケジュール調整などの中間業務の省力化を図るグループウェア。『サイボウズ デヂエ』は簡単に社内の情報を一元管理し、共有・活用できるWebデータベース。今後は、両製品をフィードパスのエンタープライズ向けWebメールシステム“feedpath Zebra”と連携させていく予定という。

『サイボウズ Office 6 for ASP』初期費用なし、月額基本セット利用料1500円/1ユーザー、月額各オプション製品利用料500円/1ユーザー。『サイボウズ デヂエ for ASP』初期費用なし、月額利用料1000円/1ユーザー(標準10ライブラリ)。(すべて税別)

高可用性耐障害ツール

2007/5/15 発表

ネットジャパン、高可用性耐障害ツール“Marathon everRun”シリーズを出荷開始

(株)ネットジャパン 発

ネットジャパンは、米Marathon Technologies社が開発した耐障害ツール『Marathon everRun FT』と『everRun HA』の2製品を25日から出荷すると発表した。『everRun FT』は、サーバーを二重化して障害時の連続稼動を実現するフォールト・トレラントサーバーを構築できる。『everRun HA』は、高可用性とスケーラビリティを両立させたソフトウェア。

『everRun FT』は、130万円(税別、1年間のアシュアランスプログラムを含む。) 『everRun HA』は、93万円(税別、シングルソケットの場合、1年間のアシュアランスプログラムを含む。)

ハイエンドストレージ

2007/5/15 発表

ハイエンドストレージの新製品『HP StorageWorks XP24000 ディスクアレイ』を販売開始─災害対策のための基盤

日本ヒューレット・パッカード(株) 発

日本HPは、ハイエンドストレージ“HP StorageWorks ディスクアレイXPファミリ”の新製品『HP StorageWorks XP24000 ディスクアレイ』を6月11日に販売開始する。出荷は、7月上旬を予定している。併せて、新しい従量型支払いプログラム“HP StorageWorks Utility Ready Storage”も発表した。『XP24000』は“XPファミリ”の最上位機種で、販売中の『XP12000』の後継製品。外部ストレージ仮想化機能やストレージ・パーティション機能に加え、仮想化機能を強化している。

5897万8500円~

ビジネスインテリジェンスを実現

2007/5/15 発表

“CRM 分析テンプレート”の提供を開始

マイクロソフト(株) 発

マイクロソフトは、“Microsoft Dynamics CRM 分析テンプレート”を6月末日より提供すると発表した。“CRM 分析テンプレート”は、マイクロソフトのビジネス インテリジェンス製品を活用した分析系CRMを構築するためのシステム基盤。“Microsoft Dynamics CRM”をデータソースとした分析用キューブ、ビジネス スコアカードおよび KPI、定型レポート、非定型アドホック分析用Excelシート、予測分析用データ マイニング モデルなどの数多くのテンプレート プログラムとともに提供され、CRMの包括的な分析と管理を短期間のうちに可能にする。

ICタグラベルプリンタ

2007/5/15 発表

オンデマンドICタグラベルプリンタ『RL-700S』を発売

ブラザー工業(株) 発

1943.jpg

ブラザー工業は、ICタグラベルをオンデマンド作成できるICタグラベルプリンタ『RL-700S』を発売すると発表した。RL-700Sは、必要枚数をオンデマンド作成できるので、1枚からのでも作成できる。本体サイズは、幅134.8×奥行き189.6×高さ130mmとコンパクト。

オープン

開発支援ソフト

2007/5/15 発表

組込み機器向け、画面プログラムの開発支援ソフト『ViewxPro』を提供開始

(株)日立システムアンドサービス 発

日立システムアンドサービスは、画面プログラムの開発支援ソフト『ViewxPro(ビューエックスプロ)』の提供を9月3日に開始すると発表した。ViewxProは、組込み機器向けの画面プログラムの開発において、HMI(Human Machine Interface)を考慮した画面プログラムの開発を支援し、開発効率の向上を図るソフトウェア。特徴として、部品仕様書や画面仕様書の自動生成機能によりデザイン工数を大幅に削減できる。また、画面プログラムのシミュレータ機能により実機なしで検証が可能。

『ViewxPro』SDK基本パック(サーバ+1クライアントライセンス)315万円、『ViewxPro』SDK追加クライアントライセンス(1クライアントライセンス)105万円。

組込み用リアルタイムOS

2007/5/15 発表

μT-Kernel準拠の次世代組込み用リアルタイムOSを販売開始

富士通(株) 発

富士通は、32ビットマイクロコントローラー“FR”ファミリー用に、小型の組込み機器向けリアルタイムOSであるμT-Kernel仕様に準拠した“SOFTUNE μT-REALOS/FR”を開発し、5月15日より販売すると発表した。出荷時期は7月。同製品は“FR”ファミリーのアーキテクチャーに合わせたチューニングを行ない、カーネルの高速化、省メモリ化を実現しているという。

ロイヤリティ・フリー、1年間技術サポート付きで200万円(税別)

業務提携

2007/5/15 発表

オウケイウェイヴ、天極と業務提携

(株)オウケイウェイヴ 発

オウケイウェイヴは、中国の大手ITポータルサイトを運営する天極信息発展有限公司との業務提携に4月30日に基本合意し、今後、中国への事業展開に着手することを発表した。天極の中国国内でのマーケティング活動と、オウケイウェイヴが日本国内で培ったQ&Aサイトのノウハウを組み合わせ、中国人力検索(主に携帯向け)、人力検索の中国ネットワークの構築、Q&Aツールの提供等を行なう。

3次元設計アプリケーション

2007/5/15 発表

業界向け3次元設計アプリケーションを教育機関限定版として提供

オートデスク(株) 発

オートデスクは、教育機関を対象として、3次元設計ソフト『オートデスク教育機関限定ソリューションセット 2008』/『オートデスク教育機関限定サイトライセンス 2008』を15日に出荷開始したこと発表した。『教育機関限定ソリューションセット』および『サイトライセンス』は、機械工学や建築学、土木工学などの教育現場で、本格的なCAD製品の利用を通じ、設計者の育成教育を支援することを目的に、“オートデスク アカデミック プログラム”の一環として既に提供されている。またオートデスクは、教育機関向け、および学生版の汎用2次元/3次元CAD『AutoCAD』の販売は、2008年4月をもって終了すると発表した。

『オートデスク教育機関限定ソリューションセット 2008』10万2900円、『オートデスク教育機関限定サイトライセンス 2008』1029万円。

3次元設計ソフトウェア

2007/5/15 発表

製造業向け3次元設計ソフトウェア“Autodesk Inventor 2008”を出荷

オートデスク(株) 発

オートデスクは、製造業向け3次元(3D)設計ソフトウェア製品の最新版“Autodesk Inventor 2008”シリーズ(日本語版)を出荷したと発表した。発売する製品は、3次元設計ソフトウェア『Autodesk Inventor Suite 2008』、配管および配線設計ツール『Autodesk Inventor for Routed System 2008』構造および動的解析ツール『Autodesk Inventor for Simulation 2008』。そして、この3製品を統合した『Autodesk Inventor Professional 2008』。

『Autodesk Inventor Suite 2008』85万円、『Autodesk Inventor for Routed System 2008』114万円、『Autodesk Inventor for Simulation 2008』114万円、『Autodesk Inventor Professional 2008』127万7000円

PCソフト

2007/5/15 発表

『ホームページ・ビルダー11』、教育機関や官公庁向けに法人ライセンス販売を開始

(株)ジャストシステム 発

ジャストシステムは、6月15日より、日本IBMのホームページ作成ソフト『ホームページ・ビルダー11』を法人ライセンスとして販売する。約660点の素材が収録された『ジャストシステム特選!ホームページ素材集』が同梱され、RSS作成機能や簡単にホームページを作成できる機能を搭載したモデルとなっている。また、日本IBMは、発売に際して技術支援や講習会の開催やイベントを開催する予定で、2007年11月30日までの期間は“発売記念キャンペーン”特別価格で販売する。

4000円~

開発プロジェクト資産を一元管理

2007/5/15 発表

変更/構成管理ソリューションの新版“Borland StarTeam 2006日本語版”を出荷開始

ボーランド(株) 発

ボーランドは、変更/構成管理ソリューションの最新バージョン“Borland StarTeam 2006日本語版”の販売および出荷を15日に開始したと発表した。“StarTeam”は、開発ライフサイクルで発生するバージョン管理/リリース管理/変更管理/バグ管理などの開発プロジェクト資産を一元管理するための基盤機能を提供する。また、オフショア開発など世界的規模での分散ソフトウェア開発におけるプロジェクト資産の共有と同期機能を提供する。新版では、ファイルとビュー用のマージをより詳細的、効率的に実行するモジュールが新しく追加された。

1指名ユーザーライセンス、15万7500円。

著作権保護コンテンツ再生

2007/5/15 発表

RSAセキュリティとイーソル、デジタル家電向け“Windows Media DRMソリューション”を提供

RSAセキュリティ(株)、イーソル(株) 発

RSAセキュリティとイーソルは、ポータブル機器や据え置き型機器が、音楽や映像などの著作権保護コンテンツを再生するための“Windows Media DRMソリューション”で協業する。“Windows Media DRM”は、マイクロソフト社のデジタル著作権保護技術。同ソリューションは、Windows Media DRMコンテンツ転送用ミドルウェア“PrMTP”、暗号や署名・ハッシュなど暗号モジュール“RSA BSAFE”、“Windows Media DRM SDK”から構成される。

CSR活動支援

2007/5/15 発表

中堅・中小企業のCSR推進を支援するソリューションビジネスの提供開始

西日本電信電話(株) 発

NTT西日本は、中堅・中小企業のCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)活動の推進を支援するITシステムやネットワークの構築及び運用を行なう“CSRソリューション”を16日から提供すると発表した。これを受け、中堅・中小企業を中心とした企業に対し、より品質の高い顧客対応を行なうため、本社・全支店に“CSRソリューションビジネス推進体制”を新たに構築する。ソリューションメニューの内容は、顧客満足向上ソリューション、従業員満足向上ソリューション、取引先関連ソリューション、内部統制(ガバナンス)支援ソリューション、社会・環境ソリューションの5つ。(図は、CSRソリューションのイメージ)

カラーページプリンタ

2007/5/15 発表

A3カラーページプリンタ『SPEEDIA N6100』を発売

カシオ計算機(株) 発

カシオ計算機は、カラーページプリンタ“SPEEDIA(スピーディア)”シリーズの新製品として、『SPEEDIA N6100』を、6月11日に発売すると発表した。『SPEEDIA N6100』は、A4サイズでカラー毎分33枚、モノクロ毎分38枚の印刷が可能。また、コピーすると文字が浮き出る地紋で複製を抑制できる。非接触ICカードなどRFIDデバイスで個人認証をして印刷が可能。

28万1400円

レーザープリンター複合機新発売

2007/5/15 発表

ネットワーク機能を標準装備したモノクロレーザープリンター複合機“ Satera MF4680”を発売

キヤノン(株) 発

1923.jpg

キヤノンは、A4対応のモノクロレーザープリンター複合機の新製品『Satera MF4680』を5月下旬より販売する。コピー、プリンター、カラースキャナー、ファクスの4つの機能と自動両面印刷機能を搭載。自動原稿給紙が行えるオートドキュメントフィーダーの採用により、最大35枚の原稿を連続してコピー/スキャン/ファクスすることができる。ネットワーク環境で共有して使用することが可能なほか、スキャンしたカラーデータを高圧縮のPDFに変換してスピーディーに電子メールで送信する“Scan to e-mail”機能や、パソコン上のフォルダに直接保存する“Scan to SMB”機能などを搭載。スキャンしたデータを直接USBメモリーにパソコンを介さずに直接取り込むことができる“Scan to USB”を機能。

オープン

RSSリーダー

2007/5/15 発表

フジテレビオリジナル携帯RSSリーダー『ZOOナビ』の提供開始

(株)インデックス・ホールディングス 発

インデックス・ホールディングスは(株)フジテレビジョンと共同で“フジテレビオリジナル携帯RSSリーダー”『ZOOナビ』を開発し提供を開始する。情報発信コンテンツ“フジテレビZOO”のブログ更新情報や番組の最新情報などをRSS形式でモバイルへ告知することができるようになり、特定のモバイルサイトへ誘導を図る広告枠としての機能や、視聴者の嗜好性を直接反映したメディアとしての機能が期待できる。i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイの3キャリアに対応し、登録のみで専用URLが発行されるため、アプリケーションのダウンロードをせずに利用することができる。

ショッピングサイト情報

2007/5/15 発表

ショッピングモールサイト“S・tyle”に“インザルーム”のオンラインショップが開設

ソネットエンタテインメント(株) 発

ソネットエンタテインメントは、インテリア専門ショッピングモール“S・tyle”に、マルイグループのInterior&Life Style Store“インザルーム”のオンラインショップを5月15日よりオープンする。オープン当初は、ファニチャー、ファブリック、インテリア雑貨やデザイン家電までトータルなライフスタイルアイテム約800点を販売。コーディネートシーンから商品が選択可能な“Wedding特集”や、ショップスタッフによるブログ、FLASH壁紙プレゼントなど様々な企画を用意する。

プラグイン公開

2007/5/15 発表

“Sleipnir”に、天気情報を表示できる“SkyPalette”プラグインを公開

フェンリル(株) 発

フェンリルは、(株)ウェザーニューズと協力し、15日より、ウェブブラウザ“Sleipnir”のユーザー・インターフェース上に天気情報を表示できるプラグイン、“SkyPalette”の提供開始したことを発表した。“SkyPalette”をインストールすると、Sleipnirのステータスバーに天気情報が表示される。ステータスバーに表示される天気情報は時間の経過とともに、「今日/今夜/明日」と切り替り、ステータスバーの天気情報をクリックすると、より詳細な情報がポップアップ画面で表示される。

プリンタ周辺製品

2007/5/15 発表

エプソンインクジェットプリンタ専用の詰め替えインクキットと交換インク、発売開始

エレコム(株) 発

エレコムは、5月下旬より、エプソンインクジェットプリンタ専用詰め替えインク“THEシリーズ”の詰め替えインクキット『THE-35KIT』と交換インク『THE-31BK3』『THE-1BK5』を発売する。『THE-35KIT』はエプソンプリンタインクIC35/IC47カートリッジに対応、詰め替えに必要な専用工具がセットされており、詰め替え3回分インク6色のキットで、カートリッジのインク残量を復帰させるICチップ用リセッターが付属する。また、交換インクの新商品となる、詰め替え3回分の『THE-31BK3』はICBK31カートリッジに、詰め替え5回分の『THE-1BK5』はIC1BK05/13カートリッジにそれぞれ対応する。ともに接続チューブセット、汚れ防止手袋、ワイパークロスが付属する。交換の際は、いずれの製品でも詰め替え後カートリッジからはずしたチューブをインクボトルに差し込むだけでそのまま保管が可能で、操作は簡単。プリンタインクのランニングコストの抑制に一役買いそうだ。

1260円~7560円

ソフトウェア新製品

2007/5/15 発表

メディアカイト、インターネット活用術紹介ソフト2タイトルを発売

(株)メディアカイト 発

メディアカイトは、Web2.0時代の便利なインターネット活用術を、ドラマ形式でわかりやすく紹介するソフト『男のWeb2.0 検索&趣味・生活編』と『男のWeb2.0 検索&情報発信編』を、メディアカイトパソコンソフト“おやじシリーズ”から18日より販売する。『検索&趣味・生活編』は旅行の計画、移動経路、地図、買い物、食事など、調べるだけでなく楽しむためのインターネット活用術を紹介。『検索&情報発信編』はウェブサイトの数多くの情報から、欲しい情報を効率的に検索したり、ブログで情報発信したりなど、便利なインターネット活用術を紹介。

1980円

HDDカーナビ

2007/5/15 発表

HDDカーナビステーション“ストラーダ Fクラス”3機種を発売

松下電器産業(株) 発

松下電器産業は、カーナビゲーションシステム“ストラーダ”のHDDカーナビステーション“Fクラス”3機種(『CN-HDS965TD』/『CN-HDS945TD』/『CN-HDS915TD』)を発表した。併せて、オプションとしてBluetoothユニット『CY-BT200D』を発売する。同製品は、“フルセグ”受信に対応、また“4チューナー×4アンテナ”技術を採用し受信可能距離、受信性能の向上を図っている。ディスプレーには一般的な液晶モニターより約4倍高精細のワイドVGAモニターを採用している。

『CN-HDS965TD』35万4900円、『CN-HDS945TD』34万4400円、『CN-HDS915TD』34万4400円、『CY-BT200D』21,000円

リライタブル・ライブディスク発売

2007/5/15 発表

情報漏洩対策に リライタブル・ライブディスク『myPdisc』発売

(株)ソリッドアライアンス 発

ソリッドアライアンスは、インテリジェントディスク(株)が開発製造を行なう、ハードディスクの代わりとなるリライタブル・ライブディスク『myPdisc(My Privacy Disc/マイ プライバシー ディスク)』の販売を5月15日に開始した。OS・基本アプリケーションが、書き換え不能なROM領域に保存されており、新しい設定やユーザーデータは書き込み可能なRAM領域に書き込まれる。ROM領域には、LinuxOS(Slax5.1.8.1-3)と基本アプリケーションがインストールされており、パソコンにmyPdiscを挿入しDVDブートする事でLinuxOSが起動する。ユーザーのデータエリアは、RAM領域として約3GBを有している。ダウンロードしたコンテンツや送受信メールは、全てmyPdiscに保存。テーマ毎のmyPdiscを使い分けることができ、情報漏洩を防止できる。

5230円

ペンタブレット新製品

2007/5/15 発表

ワコム、Windows Vista向けペンタブレット『Bamboo』を発売

(株)ワコム 発

ワコムは、Windows Vista対応ビジネス/コンシューマ向けペンタブレット新製品『Bamboo(バンブー)』を、18日より販売する。Windows Vistaはペン入力機能を標準搭載(Home Basicを除く)しており、手書きでメモを書き込む、ペンで切り抜いた画像を貼り付ける、マウスの代わりにペンでポインティング/クリック/ドラッグ操作する等の操作ができる。4つのファンクションキー、タッチホイールを搭載。電子ペンには消しゴム機能、サイドスイッチを搭載する。

オープン(店頭想定価格8980円)

PC用リモコン

2007/5/15 発表

エレコム、Windows Vistaの『Windows Media Center』用リモコンを発売

エレコム(株) 発

エレコムは、Windows Vistaに搭載する“Windows Media Center”をリモート操作できる赤外線方式のワイヤレスリモコン『RC-MV01』を5月中旬より販売する。“Windows Media Center”をボタンひとつで起動できる『メディアセンター起動ボタン』を搭載するほか、“Windows Media Center”の“ピクチャ”“ラジオ”“ビデオ”“ミュージック”という各メニューを、ボタンひとつで切り替えることができる“一発メニュー切替ボタン”を搭載。リモコンの受光位置を調整できるように0.3mのUSB延長ケーブルが付属。

4410円

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1226 (2019年4月16日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ASCII 春のベストセレクション 2019!編集部注目のデジタルガジェットを紹介

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中