このページの本文へ

メールソフトとの連携を強化

トリスター、名刺管理ソフト『名刺万能SE カラースキャナ付』を発売

2007年03月29日 21時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)トリスターは29日、名刺管理ソフト“名刺万能”の最新版として、専用のカラースキャナーを同梱した『名刺万能SE カラースキャナ付』を4月6日に発売すると発表した。価格は2万8140円。

『名刺万能SE カラースキャナ付』 『名刺万能SE カラースキャナ付』

『名刺万能SE カラースキャナ付』は、スキャンした名刺の文字情報を文字認識(OCR)機能によりテキストデータに変換するとともに、名刺そのものを画像データとして保存できる名刺管理ソフト。識字機能は、日本語/英語/フランス語/トルコ語/中国語(簡体字・繁体字)/スペイン語/イタリア語/ポーランド語/韓国語/オランダ語/ドイツ語/ハンガリー語の計12ヵ国語に対応する。新機能として、タスクバーに常駐させることでソフトを起動しなくても名刺をスキャンできる機能“名刺万能スキャンマネージャ”を搭載したのが特徴。“名刺万能スキャンマネージャ”でスキャンした住所/氏名/電話番号などの情報は、Outlook/Outlook Express/Windowsメールのアドレス帳に登録できる。

同ソフトでは、パソコンにスキャナーを接続し、ウィザードに従ってスキャンボタンを押すだけで名刺の文字情報をテキストデータに変換できる。画面表示モードとして、住所録データベースのみを表示する“リストモード”や、名刺画像およびその名刺の文字情報を同時に表示する“ラベルモード”に加え、名刺画像だけを表示する“画像モード”と、画面を上下2分割して住所録データベースを上に、名刺画像を下に表示する“デュアルモード”が追加された。

住所録データベースはOutlookなどの外部アプリケーションとのインポート/エクスポート/同期に対応する。検索機能は、キーワードによるデータベースの全文検索が行なえる“テキスト検索”機能や、社名/役職/住所などの登録情報やデータベースに登録した期間などさまざまな条件で検索が行なえる“高度な検索”機能を搭載する。住所録データベースにパスワードを設定できる機能“パスワードロック機能”にも対応する。

対応OSはWindows Vista/XP/2000。対応機種は、Pentium III-800MHz以上のCPUと256MB以上のメモリーを搭載し、USBポートを備えたPC/AT互換機。付属するスキャナーは、解像度が1200dpiで、A6サイズの読み取りに対応する。インターフェースはUSBに対応。本体サイズは幅75×奥行き176×高さ43mm、重量は216g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン