このページの本文へ

実売価格は1万円、デザインはより箱型に

キヤノン、鏡面仕上げで高級感を打ち出した単機能プリンター『PIXUS iP2500』を発売

2007年03月28日 21時24分更新

文● 編集部 永水和久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンマーケティングジャパン(株)は28日、インクジェットプリンター“PIXUS(ピクサス)”シリーズの新機種として、本体に鏡面仕上げを施して高級感を演出した単機能プリンター『PIXUS iP2500』と、持ち運びもできるコンパクトサイズのA4インクジェットプリンター『PIXUS iP90v』を4月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格はPIXUS iP2500が1万円前後、PIXUS iP90vが2万8000円前後。

より“SUPER PHOTO BOX”スタイルに

PIXUS iP2500
PIXUS iP2500

PIXUS iP2500は、2006年9月に発表された『PIXUS iP1700』の後継機種で、印刷機能はそのままに本体デザインを変更したモデル。本体全体に鏡面仕上げの“Piano Black”カラーを採用して高級感を演出したのが特徴。デザインはより立方体らしくなり、2004年より同社が標榜する“SUPER PHOTO BOX”スタイルを継承している。これは、同社プリンターのユーザーを対象にアンケートを実施したところ、2万円以下のローエンドモデルにおいては本体デザインの満足度が高くなかったことから、ローエンドモデルにも上位機種と同じ鏡面仕上げとボックスデザインを初めて採用して、ユーザーにアピールしたとしている。

印刷機能は従来機種『PIXUS iP1700』と同じで、インクはシアン/マゼンタ/イエローの染料とブラックの顔料の計4色、インクヘッドは合計1472ノズル、印刷解像度は4800×1200dpi、最小インク滴は2plとなっている。印刷速度はL判フチなし写真印刷が46秒で、A4写真フチありが120秒。給排紙の動作音や印刷音を軽減する“サイレントモード”を搭載しており、指定した時間に自動で切り換えられる。インターフェースはUSB 1.1を装備している。PictBridgeなどのダイレクトプリントには対応していない。電源はAC100Vで、消費電力はプリント時が約7W、待機時が0.7W。本体サイズは幅442×奥行き237×高さ152mmで、重量は約3.3kg。

付属の印刷ユーティリティーソフトは『PhotoRecord』からWindows Vista対応の『Easy-PhotoPrint』に変更されている。


ポータブルキットがリーズナブルに

PIXUS iP90v
PIXUS iP90v

PIXUS iP90vは、2005年2月に発表した『PIXUS iP90』の後継機種で、こちらは本体カラーのみを変更したモデル。本体の塗装にしっとりとした質感の“Watering Silver”カラーを、アクセスカバーとサイドプレートには鏡面仕上げの“Piano Black”カラーを採用して高級感を演出したのが特徴。操作ボタンや電源ランプカバーの配色もこれに合わせて変更されている。併せて、オプションのポータブルキット『CK-51B』も発表された。これは、従来オプションのクレイドル/充電池/充電器をセットにしたクレイドルキット『LK-51B』から、クレイドルを省略して価格を1万5800円から9800円に下げたもの。同社によれば、従来機種の購入ユーザーを対象にアンケートを実施したところ、本体デザインが重視されたほか、ポータブル機能をリーズナブルに提供してほしいという声があり、これに応えたものだという。従来オプションのクレイドルにも装着は可能。

印刷機能は『PIXUS iP90』と変わらず、インクはシアン/マゼンタ/イエローの染料とブラックの顔料の計4色、最小インク滴は2plで、印刷解像度は4800×1200dpi。印刷速度はL判フチなし写真印刷が68秒、A4モノクロが毎分14枚、A4カラーが毎分10枚。インターフェースはUSB 1.1で、PictBridgeに対応している。ワイヤレス印刷機能として、携帯電話機から印刷できる“プリントビーム”に対応しており、IrDA 1.1準拠の赤外線印刷機能を標準で利用できるほか、オプションのBluetoothユニット『BU-10』(8500円)を装着すればBluetooth 1.1でも利用できる。ポータブルキット『CK-51B』の専用充電池では約450枚(モノクロA4、JEITA標準パターンJ1)の印刷が可能となっている。電源はAC100~240Vで、消費電力はプリント時が約10W、待機時が1W。本体サイズは幅310×奥行き174×高さ51.8mmで、重量は約1.8kg。

ユーティリティーソフトとして、Windows Vista対応の『Easy-PhotoPrint』は同梱されないが、ダウンロードで無料配布される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン