このページの本文へ

マウス機能搭載キーボードと充電式マウスがマイクロソフトから発売予定

2007年02月27日 22時51分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週金曜日(3月2日)にBluetoothに対応したワイヤレスキーボードと充電式5ボタンレーザーマウスのセット製品「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000」がマイクロソフトから発売される。

Desktop 7000

Bluetoothに対応したワイヤレスキーボードと充電式5ボタンレーザーマウスのセット製品「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000」

 特徴はキーボード本体にマウスと同等の機能を搭載しているところ。基本的にキーボードのみでマウスの操作も行える。エルゴノミクスデザインを採用した本体にはVistaに連動したショートカットキーを搭載しており、1ボタンでガジェット機能を呼び出せるほか“Media Center ボタン”やユーザーがカスタマイズ可能な“ユーザー設定ホットキー”も5つ装備している。
 マウスは、解像度1000dpi/5つボタン/充電式のレーザーマウス。“インスタントビューア”や“拡大鏡”などの機能が付属ソフトにより使用可能だ。インターフェースはUSB。Bluetooth利用範囲は半径約10m以内となる。予価はTSUKUMO eX.で1万7800円となっている。

基本的にキーボードのみでマウスの操作も行えるマウスと同等の機能を搭載したのが特徴のキーボード。Vistaに連動したショートカットキーを搭載する

解像度1000dpi/5つボタン/充電式のレーザーマウス。Bluetooth利用範囲は半径約10m以内となる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中