このページの本文へ

「ツンデレ娘の攻略はギザムズカシス」 しょこたんがアキバを熱狂に包み込む!

2007年02月27日 21時59分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “しょこたん☆ぶろぐ”は5億アクセス達成。発売されたばかりのセカンドシングルCD『ストロベリmelody』はオリコン初登場15位。国民的なアイドルに成長した中川翔子さんの最新DVD『ときめき☆しょこたん』(発売:リバプール/3990円)の発売記念イベントが25日、秋葉原のヤマギワソフト館で開催された。

 事前に行なわれた取材には、なぜか「美少女戦士セーラームーン」のキャラクター“セーラージュピター”のコスプレ姿。報道陣に突っ込みを受けた中川さんは、「DVDの内容にまったく関係ありませんが、アキバと言えばコスプレだろって。好きなのをやっていいと言われていたので、持っていなかったこれにしました」と理由を説明した。どこにでも売っているようなコスプレに見えて、靴は5度塗りで緑色にしたという特別仕様。さすがである。

 肝心の作品は撮り下ろしだが、イメージDVDというよりもゲームに近い内容だ。見ている側は中川さんとデートしているという設定で、YES/NOによる選択式でストーリーが進行する。「ツンデレがテーマですが、選択を誤ると怒って帰っちゃったりします。ツンデレ娘の攻略はキザムズカシス」と本人もむずかしさを強調。ひとつしかないハッピーエンドまでたどり着くと、ごほうびの映像も見られる。「攻略のヒントは、『まさかそっちはねぇだろ!』というのを選ぶと意外と正解かも」とのことだ。

どこにでも売っているようなコスプレに見えて、靴は5度塗りで緑色にしたという特別仕様というコスプレ姿!

 今回のイベントは参加に必要な整理券をゲットするために徹夜組が出たとか、それがオークションでは数万円に跳ね上がったとか、真偽のほどはさておいて、さまざまな話題が飛び出したりもした。一挙一動が全国で注目される中川さんクラスのアイドルなら、それもうなづける話である。運良く参加できたファン約200人。会場に入りきったところで見渡すと、最前列に陣取るファンは半数が若い女性で、ほとんどが何らかのコスプレ。会場全体の女性の数は約50人。こんな事態は、近年のアイドルイベントにはなかったと思う。イベントスタート時のやり取りをほぼ原文のまま抜き出してみた。

【会場全員】しょ~こた~ん!!
(大声援を受けて中川さん登場)


【中川翔子】みんなありがとー。わぁあ、すごい。男の子も女の子も、気合が入っちゃった人がいっぱいいる! すごい、さすがアキバ。コスプレイヤーさんがめっちゃいる。しょうこ、何か気が引けますねぇ。コスプレしたけれど、クオリティ高い人がいっぱいいる。すごぉい、どうも!!

【司会】ヤマギワさん始まって以来の超満員です。

【中川翔子】ありがたや、ありがとうございマミタス。

【司会】女性の方もたくさん来ていただいたので、特製のお立ち台を用意しました。

【中川翔子】見えますかお? わぁぁい。さっそくなんですけれど、イヤな人は下を向いてください。しょこたん☆ぶろぐにぜひご登場願います、みなさま。コスプレイヤーさんも多いんで。いきまーす、せーの!

パチリ(ケータイのシャッター音)

【中川翔子】ばっちり写っているでございます。無断で載せたいと思います(笑)。ぜひ、後ほどチェックしてくださぁい! すごいすなあ、こんなにたくさんの方々に来てもらえて。

今後の中川さんだが、3月末に写真家の蜷川実花さん撮影による写真集が、5月2日にはアニソンのカヴァーアルバムが発売される予定。アルバムに収録される楽曲は2月28日まで、一般からのリクエストを受け付けている。挿入歌でもOK

 トークがひと通り終了すると、1列1分の撮影タイムとツーショットチェキ撮影。中川さんくらいになると撮影全面禁止で、参加者多数のためツーショット撮影はなしというのが普通なので、この充実したファンサービスにはびっくりだ。

 今後の中川さんだが、3月末に写真家の蜷川実花さん撮影による写真集が、5月2日にはアニソンのカヴァーアルバムが発売される予定。アルバムに収録される楽曲は2月28日まで、一般からのリクエストを受け付けている。挿入歌でもOKだ。

 それでは最後に、中川さんを目指して日々アキバでコスプレしている子たちに対してのひとことを紹介したい。

「私こそアキバで活躍する女の子に憧れています。私、“つめ”が甘いとよく言われるんです。もっと完璧なクオリティを目指して、今日もアキバを巡って研究しようと思います」

■プロフィール

中川翔子(なかがわ・しょうこ)
生年月日:1985年5月5日生まれ
出身地:東京都県出身
血液型:A型
趣味:映画鑑賞、グッズ収集
特技:広東語、イラスト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ