このページの本文へ

“Vista Edition”は2モデルあり! ASUSTeK「P5B-Plus Vista Edition」も発売中!

2007年02月23日 23時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて、ASUSTeK製のLGA775対応マザー“Vista Edition”シリーズだが、本日2モデル目の製品を紹介する。こちらもやはり“P965”を搭載する同社の人気モデル「P5B-E Plus」ベースの「P5B-Plus Vista Edition」だ。

本日2モデル目の“Vista Edition”シリーズ「P5B-Plus Vista Edition」。同社の人気モデル「P5B-E Plus」ベースの製品だ

 Windows Vistaが備える機能を有効に使用できる機能や付属品を同梱するという点では本日別記事で紹介している「P5B Premium Vista Edition」と変らないが、「P5B-Plus Vista Edition」では小型端末“ScreenDUO”が省かれているというのが主な違いとなる。残りの4機能“ASAP(ASUS Accelerated Propeller)”“TPM(Trusted Platform Module)”“AI Remote”“AP Trigger”は備えているので「“ScreenDUO”はいらない。またCrossFireの予定はない」というユーザー向けのモデルとなる。ちなみに各種機能の紹介については「P5B Premium Vista Edition」の記事に詳しいので、そちらを参照していただきたい。
 その他、マザー本体の仕様は「P5B-E Plus」と同じ。拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×3。メモリはDDR2-800対応のスロットを4基搭載(最大8GBまで)し、“ICH8R”によるSerial ATA II×6(RAID 0/1/5/10をサポート)のほか、JMicron製“JMB363”によるSerial ATA II×1、eSATA×1(RAID 0/1/0+1/JBODをサポート)、IDE×1を装備。その他、8chサウンド(ADI/AD1988A)やIEEE1394(VIA/VT6307)、ギガビットイーサネット(Attansic)などをオンボード搭載している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

ASAP

Vistaが備える機能では小型端末“ScreenDUO”が省かれている以外は「P5B Premium Vista Edition」と同じ。ASAPはPCIスロットの間に搭載されている

I/O部

マザー本体の仕様は「P5B-E Plus」と同じ。オンボードインターフェイスは一通り備える

価格ショップ
ASUSTeK「P5B-Plus Vista Edition」
¥24,648クレバリー1号店
¥24,770フェイス
¥24,780TWOTOP秋葉原本店
¥24,800BLESS秋葉原本店
¥24,980アーク
ドスパラアキバ店
¥25,200スリートップ2号店
¥25,280T-ZONE.PC DIY SHOP
¥25,580ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
ZOA秋葉原本店
¥25,980高速電脳

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中