このページの本文へ

マルチメディア放送企画など7社、“ISDB-T マルチメディアフォーラム”を設立

2006年12月21日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マルチメディア放送企画LLC合同会社など7社が発起人となり、モバイルマルチメディアサービスに関して“ISDB-T マルチメディアフォーラム”(略称:ISDB-T MMF)を結成したと発表した。

これは、日本の地上デジタル放送の通信規格“ISDB-T方式”をベースにサービスレイヤーによりサービスを追加できるようにした“ISDB-Tファミリー”を利用した新サービスを研究するとともに、地上アナログ放送終了後のVHF/UHF周波数帯域を利用したモバイルマルチメディア放送の有用性をプロモーションするための発足したもの。フォーラムでは、VHF/UHF周波数帯域の有効利用を前提に、新しい放送サービスや、ビジネスのあり方やインフラ、受信端末などについて検討するという。

発起人は、マルチメディア放送企画、(株)フジテレビジョン、日本テレビ放送網(株)、(株)東京放送、伊藤忠商事(株)、住友商事(株)、(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズの7社で、放送局やコンテンツプロバイダー、電機メーカー、広告代理店など、現時点で40社以上から参加希望があるという。

今後、ISDB-T マルチメディアフォーラムでは、2007年1月下旬に総会・シンポジウムを開催する予定。研究結果については、シンポジウムやホームページ、関連したコンベンションなどで公表するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン