このページの本文へ

HP、AMD製CPUを搭載したエントリークラスのデスクトップPCを発表

2006年12月04日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本HPは、AMD製CPUを搭載したエントリークラスのデスクトップPC、「HP Compaq Business Desktop dc5750」シリーズの2モデルを発表した。

省スペース型とマイクロタワー型の2モデル構成

 日本HPは、AMD製CPUを搭載したエントリークラスのデスクトップPC、「HP Compaq Business Desktop dc5750」シリーズの2モデルを発表した。省スペース型筐体の「dc5750 SF」、マイクロタワー型筐体の「dc5750 MT」があり、どちらもBTX規格準拠の新しいケースを採用している。

 dc5750は、カスタマイズ可能なCTO(注文仕様生産)モデルとして、日本HPのWebサイト「HP Directplus」や、パートナー各社を通じて販売される。また固定仕様モデルも発売が予定されている。価格は「dc5750 MT」、「dc5750 SF」ともに5万1450円(最小構成時)から。

 dc5750の筐体は、ねじ回し等を使わずにメンテナンスが行なえるようになっている。またBTX規格に対応しており、効率的な冷却が行なえる。またHPの独自開発によるBIOSを採用しており、冷却ファンの回転数をBIOSで調整することが可能となっている。

 CPUはAMD Sempron 3400+(1.8GHz)、Athlon 64 3500+(2.2GHz)、デュアルコアAthlon 64 X2 3800+(2.0GHz)、4600+(2.4GHz)、5200+(2.6GHz)の中から選択可能、チップセットはAMD RADEON XPRESS 1150を採用しており、内蔵のグラフィック機能は2画面出力に対応している。外付けのグラフィックカード(PCI Express 16x)も選択可能だ。

 メモリはPC2-5300 DDR2 SDRAMに対応しており、最大4GBまで搭載が可能だ。512MB以上のメモリを搭載すれば、Windows Vistaへの移行にも対応する。SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティックなど合計16種類のメモリーカードに対応した「メディアカードリーダライタ」もオプションで選択できる。

HP Compaq Business Desktop dc5750 SF
HP Compaq Business Desktop dc5750 SF
HP Compaq Business Desktop dc5750 MT
HP Compaq Business Desktop dc5750 MT
■関連サイト
日本ヒューレット・パッカード
http://www.hp.com/jp/
HP Business Desktops
http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/

カテゴリートップへ

ピックアップ