このページの本文へ

日本オラクル、新たなインダストリー戦略を発表

2007年01月25日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクルは新たなインダストリー戦略として、「Industries Business Unit(インダストリー・ビジネス・ユニット)」との連携強化、業界のインダストリー専任組織の拡充、「Oracle Insight Program(オラクル・インサイト・プログラム)」の本格展開を行ない、インダストリーへの取り組みを強化することを発表した。

業界ごとにIT戦略から経営戦略まで一貫した提案を強化していく

 米オラクル・コーポレーションでは、2004年初頭から「インダストリー戦略」を進めてきた。この戦略は、オラクルがNo.1もしくはNo.2になれる業界のソフトウェア市場に優先的に投資を行ない、各業界特有のアプリケーションソフトを買収し、オラクルのバックオフィスのシステムと連携させていくことで製品ラインナップを充実させようというもの。この戦略のために米オラクルでは、経営の視点で顧客企業にさらなる成長戦略を提案する「Industries Business Unit」という業界別専門家組織を設置した。

 今回に日本オラクルではさらに各産業会への取り組みを強化するため、このIndustries Business Unitとの連携を強化することを発表した。

 それにともない、まず「業界専任組織の拡充」を行なう。特に日本オラクルが注力している金融業会、製造業会、通信業界などを中心に専門家を配置し、各業界特有のニーズに対応する。また、各業界の課題、各企業の経営課題を顧客と共有し、最適な提案を行なう業界別コンサルティングプログラム「Oracle Insight Program」を推進する。

 日本オラクル 常務執行役員 エンタープライズアプリケーション営業統括本部長 桑原宏昭氏は「経営者・マネジメント層への戦略的な提案を行なうというのは日本オラクルにとって今後ますます重要なテーマになる。継続的にインダストリーの専任組織の拡充していくことで、ROIの分析などを含めて、きちんと次世代のITシステム戦略をクライアントに提案していく」とその重要性を強調している。

日本オラクル 常務執行役員 エンタープライズアプリケーション営業統括本部長 桑原宏昭氏

日本オラクル 常務執行役員 エンタープライズアプリケーション営業統括本部長 桑原宏昭氏

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ