このページの本文へ

Vista出荷へのカウントダウンを開始! マイクロソフトが店頭販売に向けた各種施策を発表

2007年01月15日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは1月15日、都内で記者会見を開催し、1月30日に迫ったWindows Vista店頭販売に向けての各種施策を発表。合わせてパートナー各社も搭載PCを発表。6年ぶりのWindowsメジャーバージョンアップに向け、いよいよカウントダウンが始まったかたちだ。

販売キャンペーンに加え、イベントも開催

「多くのパートナーの協力の下、Vista発売への準備が整った」

 会見の冒頭で登壇したマイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏は、1月30日に迫るWindows Vistaの店頭販売に関する記者会見の席でこのように語り、Windows Vistaをリリースする準備が終わったことを発表した。

マイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏

マイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏

 続いて、マイクロソフト株式会社 Windows本部 本部長のジェイ・ジェイミソン氏が登壇し、ジェイミソン氏はVistaがもたらす新たなエクスペリエンスを「プレミアムデジタルライフ」と表現し、これを訴求していくための各種施策を発表した。

マイクロソフト株式会社 Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏

マイクロソフト株式会社 Windows本部 本部長 ジェイ・ジェイミソン氏

 まずはVista発売直前の週末となる1月27日、28日の両日に東京の表参道ヒルズ、本会1階/地下3階において「Windows Vista/2007 Office system 新世代プレミアムフェスタ」を開催し、主要メーカーのVista搭載PCの体験コーナーを設ける。また、同時に全国の家電量販店70店舗でも、Vista搭載PCのデモを行なう(1月13日より開始済み)。

 また、購入者に向けては、「Windows Vista Cinema de Premiumキャンペーン」を実施。VistaのWindows Media Center向けサービス「メディアオンライン」で動画配信サイト「Cinema Now」のサービス登録をした先着10万名を対象に、同サービスの映画が1ヶ月間見放題となる。

 同時に、Windows Vista/2007 Office SystemのパッケージおよびプレインストールPCの購入者を対象に、抽選で100名にプレゼントを贈る「Windows Vista/2007 Office System同時発売プレミアムキャンペーン」も実施される。

 既存のWindows XP搭載PCユーザーに向けては、アップグレード支援ツール「Windows Vista Upgrade Advisor日本語版」を1月30日から提供開始。また、昨年より提供されている既存のアプリケーションや周辺機器の互換性情報を一覧できる「Windows Vista 互換性情報」のサイトも、検索性を向上させている。

 会場には、各PCベンダーから発表されたばかりのVista搭載PCや周辺機器が展示され、ソニーやNEC、富士通といった8社のベンダーのトップも登壇してコメントし、Windows Vistaへの熱い期待が寄せられた。

会場に並べられた各ベンダーのVista搭載PC

会場に並べられた各ベンダーのVista搭載PC

■関連サイト
Microsoft
http://www.microsoft.com/japan/
Windows Vista 互換性情報
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/compatible/

カテゴリートップへ

ピックアップ