このページの本文へ

第8世代コアCPU搭載「レッツノート SV」大解剖

 第8世代コアCPU搭載「レッツノート SV」大解剖

「軽量」「頑丈」「長時間駆動」のレッツノートシリーズ、2018年春モデル「SV7」の魅力を徹底検証。第8世代コアCPUの性能を最大限に引き出すため新設計された筐体の実力、新たに搭載された新規格のインターフェース「Thunderbolt3」の可能性、様々なカスタマイズが可能なウェブ直販モデルレビューなど、全3回の連続特別企画。

2018年02月23日 11時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 自分だけのSV7を手に入れろ Web直販限定カスタマイズレッツノートの魅力

    2018年02月23日 11時00分

    vPro CPUを搭載しPCIe接続SSDなど様々なカスタマイズが可能!

    第3回  自分だけのSV7を手に入れろ Web直販限定カスタマイズレッツノートの魅力

    設計を見直し、第8世代コアCPUの性能を最大限にまで引き出す「レッツノート SV7」だが、さらに高性能モデルを求めるなら、vPro版CPUを搭載し、PCIe接続のストレージも選択可能な、Web直販限定モデルに注目だ!

  • すごい!Thunderbolt3で広がるレッツノート SV7の世界

    2018年02月16日 11時00分

    モバイルノートにもデスクトップクラスの拡張性を!

    第2回  すごい!Thunderbolt3で広がるレッツノート SV7の世界

    レッツノート SV7に搭載された新規格のインターフェイス「Thunderbolt3」。高速転送、デイジーチェーン、パワーデリバリーなど、レッツノートの可能性を大きく広げてくれる、その魅力に迫る!