このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第29回

SX14に続く新世代モバイルVAIOをテストしてみた

VAIO SX12 実機レビュー = なにも妥協しないVAIOの最小モデルだっ!

2019年07月09日 14時00分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 + 編集● PowerReview軍団

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 VAIO株式会社は7月1日に設立5周年を迎えた。これを記念してVAIOの新ラインナップの最小モデルとして7月9日に発表されたのが、12.5インチモバイルノートPC「VAIO SX12」である。

 SX12は「VAIO S11」の後継モデルとして位置づけられており、「メインマシンの最小形」というコンセプトで開発された新モデルだ。それではVAIOの新スタンダードモバイルノートPCの魅力に迫っていこう!

「VAIO SX12/Pro PJ」119,800円~

ディスプレーを新しい12.5インチサイズに拡大
12型ボディでフルサイズキーボードを実現

 S11の後継モデルであるSX12の2大進化点はキーボードとディスプレー。まずキーボードだが、S11ではキーピッチ16.95mmだったところSX12では19.0mmとフルサイズ化されている。

 S11のキーボードは正直ちょっと小さくて打ちづらかったが、SX12ならフルスピードでタイピングできる。もちろん、静寂キーボード、キーボードバックライト、フッ素含有UV硬化塗装、英字キーボード選択可、2ボタン付きタッチパッドなどの特長は継承されているぞ。

左がS11、右がSX12のキーボード。配置はそのままでフルサイズキーボードと同等のキーピッチを実現。また「¥」キーも含めて、すべての文字キーが等幅に揃えられている

 ふたつ目の進化点はディスプレーサイズ。本体サイズ/重量は、S11が283.4×195.5×15.0~17.9mm/840~870gで、SX12が287.8×203.3×15.7~18.0mm/最大重量897~888gとほぼ同等である。

 しかしSX12はディスプレーを狭額縁化することで、S11の11.6インチより面積を約16%拡大した12.5インチのフルHD液晶パネルを搭載している。長時間PC作業する際に目の疲れは大きく異なるはずだ。

左がS11、右がSX12。S11は上部ベゼル19.46mm、左右ベゼル12.24mmだったところ、SX12は上部ベゼル16.11mm、左右ベゼル4.97mmと狭額縁化されており、ディスプレー面積が11.6インチから12.5インチへと約16%拡大している

コンパクトボディーで
SX14と同等の処理性能を実現

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!