このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2018年版第23回

2018年7月31日放送

スマホ総研厳選! 2018年上半期SIMフリースマホから選ぶ最強の4機種

2018年08月01日 18時30分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年7月31日(火)の生放送は「真夏のSIMフリースマホ総選挙:2018上半期ベストヒット」。

 四六時中スマートフォンの話ばかりしている「アスキースマホ総研」が、今年もSIMフリースマホ総選挙を開催!

 2018年上半期に登場した注目機種を、“超絶スペック部門”、“激得コスパ部門”など4つのテーマにわけて選出。スマホ総研5人が持ち点20点(合計100点)でガッチガチに審査しました!

 そろそろ最新モデルに買い替えたい人も、SIMフリースマホデビューで得したい人も、必見の生放送です。

 出演はスマホ総研のメンバーでもあるつばさ、スマホ総研のBOSS オカモト、率先して夏風邪をひいたというスピーディー末岡です。”超絶スペック部門”第1位にはスッケスケの筐体が特徴の、アノ端末も登場。それでは放送をふりかえります。どうぞ!

 今回の総選挙は”最強カメラ部門”、”激特コスパ部門”、”変態スマホ部門”、”超絶スペック部門”にわけ、放送日に買えるスマホを対象として審査しました。

 最初に発表するのは”最強カメラ部門”。ファーウェイ「HUAEWI P20」、HTCの「HTC U12+」、OPPOの「OPPO R11s」、ASUSの「ZenFone 5Q」がノミネートされました。

 総合得点90点を獲得して1位に輝いたのは、ファーウェイの「HUAWEI P20」! AIを活かしたカメラ機能や、暗い場所でも明るく撮れるF値1.6のLeicaズミルックスレンズが高得点につながりました! 背景をぼかしながらも人物にはしっかりピントが合っています。

 続いては”激特コスパ部門”。2〜4万円台と低価格でありながらIGZO液晶やデュアルレンズなど各製品際立つ機能、性能を持っているミドルクラスのスマホがノミネートされました。

 最も高得点だったのはシャープの「AQUOS sense plus」! およそ4万円で防水防塵、おサイフ、IGZO液晶を搭載しています。親や知人に文句なしで紹介できる端末、という意見が多く、総合得点数は96点! また、スマホには珍しい覗き見防止機能が標準搭載されている点も評価につながった模様です。

 続いては”変態スマホ”部門。Unihertzの超小型スマホ「Jelly Pro」、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンの堅牢性抜群スマホ「CAT S41」、MAYA SYSTEMの国境フリースマホ「jetfon」がノミネートされました。方向性は違えども各製品の持ち味が光るラインナップ。何が選ばれたのでしょうか……?

 最後は”超絶スペック部門”。最高クラスのスペックに国内向けにおサイフ機能も搭載しているHTCの「HTC U12+」、顔の動きをAIアバターに反映させる「Zenimoji」などエンタメ要素も搭載しているASUSの「ZenFone 5Z」、そして”最強カメラ部門”で最高得点をとったファーウェイの「HUAWEI P20」が2度目のノミネート。この中で最高得点を獲得するのは、どの機種なのでしょうか……!

 1位に輝いた製品が気になる方はぜひ本放送のアーカイブをご覧ください!

 番組の最後には、みやのプロが週刊アスキー No.1189の紹介しています。それでは本放送のサンプル動画をどうぞ。


 「真夏のSIMフリースマホ総選挙:2018上半期ベストヒット」放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!