このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

倶楽部のAV特集第9回

4KテレビやBDレコをより快適に使うためのガジェット選び!!

ケーブルからHDD、NASまで! デジタルAV周辺機器選びはここをチェック

2017年05月05日 15時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 4KテレビにBlu-ray Discレコーダーにスピーカー……デジタルAV家電選びは本体に目が向きがちだが、場合によってはケーブルやセレクター、外付けHDDなど周辺機器も揃えなければならない。そして、その選び方次第でAVライフも変わる可能性がある。そこで、デジタルAV家電の周辺コモノの選び方を紹介していこう。

最新4Kテレビを買ったらHDMIケーブルも買い替え!

「Xbox One S」など、4K BD対応プレーヤーだと、このようにテレビの診断機能を用意する機種もある。この画面でHDR非対応と表示された場合、HDMIケーブルを確認してみよう
「Xbox One S」など、4K BD対応プレーヤーだと、このようにテレビの診断機能を用意する機種もある。この画面でHDR非対応と表示された場合、HDMIケーブルを確認してみよう

 BDレコーダーやゲームの映像をテレビに表示するには、HDMIケーブルでつなぐ必要がある。

 HDMIケーブルも実は何でもいいという訳ではない。特に4Kテレビに出力する場合は気を付けておきたいことがあり、これまでのテレビで使っていたケーブルを使いまわすと4Kテレビを買った意味がなくなる場合もある。

 それは、4K60pで出力できるのか、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているか、といった点だ。

 4K30pまでの入力にしか対応しないデバイスなら、HDMI 1.4のケーブルでもいいが、60pまで出力できるゲーム機などの場合はHDMI 2.0のケーブルが必要。

 さらに、最新のゲーム機やUHD BD(4K解像度のBD)プレーヤー/レコーダーなど、HDR出力が可能な機器を接続する場合はHDMI 2.0aに対応していなければならない。

サンワサプライ「KM-HD20-P10」。パッケージには「Premium HDMI」と書かれているので4K HDR対応だ。価格は1mで2600円前後 エレコム「DH-HDPS14E10BK」のパッケージ。同じく「Premium HDMI」と表記されている。価格は1mで2500円前後
サンワサプライ「KM-HD20-P10」。パッケージには「Premium HDMI」と書かれているので4K HDR対応だ。価格は1mで2600円前後エレコム「DH-HDPS14E10BK」のパッケージ。同じく「Premium HDMI」と表記されている。価格は1mで2500円前後
パナソニックのHDMIケーブル。「Premium HDMI」の表記がなくても「18Gbps」と書いてあれば4K HDRに対応する可能性が高い
パナソニックのHDMIケーブル。「Premium HDMI」の表記がなくても「18Gbps」と書いてあれば4K HDRに対応する可能性が高い

 ちなみに、量販店などの店舗や製品パッケージではバージョンの表記はしていない場合がほとんどだ。これはHDMIの規格ライセンスを管理するHDMI Licensing LLCが、バージョン表記よりも機能表記を重視するようにしたため。

 つまり、量販店などの店頭では「4K」「HDR」「60p」といった表記があるものを選べばいいわけだが、たとえばPCショップなどでバルクで売られているケーブルなどは、いまだにバージョン表記しかないこともある。念のため、バージョンによる違いを把握しておくといいだろう。

 なお、4KのHDR対応ケーブルについては18Gbpsの帯域など高い品質が必要。HDMI Licensing LLCが認証制度を設けており、認証を取得できたケーブルは「Premium HDMI」として表記されている。

HDMIケーブルを10m以上延長したい!

 普通はテレビとレコーダーなどの機器は近くに置くと思うが、部屋の都合などで離れた場所に置きたい、ということもあるだろう。

 世の中には10mを超えるHDMIケーブルというものもあるが、あまり長くて安いケーブルはおすすめしない。信号の減衰などの対策が施されていないケーブルの場合、正常に信号を伝送できない可能性もあるためだ。

 そこで、長いHDMIケーブルの代わりに送信、受信用のHDMIアダプターを入れて、その間をLANケーブルでつなぐという機器がある。

「VGA-EXHDPOE2」。送信、受信用のアダプターがセットになっている
「VGA-EXHDPOE2」。送信、受信用のアダプターがセットになっている

 サンワサプライの「VGA-EXHDPOE2」は、4K解像度の映像および音声を最大70m離れた場所に伝送できる。ただし、価格は5万2000円前後と結構お高めだ。

「VGA-EXHD」。フルHDまでの対応だが比較的安い
「VGA-EXHD」。フルHDまでの対応だが比較的安い

 フルHDまででいいからもう少し安く済ませたい、という場合は同じくサンワサプライの「VGA-EXHD」でもいいだろう。フルHD解像度で最大40mまで延長可能だ。こちらは大体1万3000円前後で購入できる。

映像ケーブルをなくすワイヤレスアダプター

サンワダイレクトで販売されている「ワイヤレスHDMIエクステンダー」。直販価格は3万4800円
サンワダイレクトで販売されている「ワイヤレスHDMIエクステンダー」。直販価格は3万4800円

 手持ちのテレビやディスプレーが4Kには対応していない、というのであればHDMIのワイヤレス化を検討してはいかがだろうか。

 一般的に「ワイヤレスHDMI」と呼ばれる製品があり、これを利用することで映像信号のワイヤレス化が可能。ほとんどの製品がトランスミッターとレシーバーのセットになっていて、両社の間を無線化できる。

送信側にHDMI入力、受信側にHDMI出力を搭載。最大50mの距離をワイヤレス伝送できる
送信側にHDMI入力、受信側にHDMI出力を搭載。最大50mの距離をワイヤレス伝送できる
底面に3脚穴があり、左下のような台も付属する
底面に3脚穴があり、左下のような台も付属する
それぞれにACアダプターを接続する必要があるので完全ケーブルレスにはならない
それぞれにACアダプターを接続する必要があるので完全ケーブルレスにはならない
赤外線アダプターを付けることでリモコン信号も送信できる
赤外線アダプターを付けることでリモコン信号も送信できる

 製品によって異なるが、「HDMI CEC」(テレビにHDMI接続されたレコーダーやAVアンプなどを、テレビからコントロールする機能。テレビのリモコンでレコーダーの操作ができる)に非対応だったり、4K信号の伝送には非対応、トランスミッター、レシーバーそれぞれにACアダプターを接続する必要があるなど、使い勝手が悪くなる可能性もあるが、チューナーやレコーダーなどとテレビを離して設置したい場合に便利だろう。

 次ページ以降(アスキー倶楽部会員向け)では、AVセレクターや外付けHDD、NAS、スピーカーなどの選び方を紹介していく。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!