このページの本文へ

x86サーバーはどれも同じ、ではない! HPEのサーバーが選ばれるワケ

x86サーバーはどれも同じ、ではない! HPEのサーバーが選ばれるワケ

「Windows Server 2012」のサポート終了を目前に、x86サーバーの買い換えを考えている情シス担当者は多いだろう。x86サーバーは「どれでも同じ」「安ければそれでよい」――そう考えてしまいがちだが、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)のx86サーバーには、HPEだけが提供できる特別な運用管理機能がある。また、最新サーバーのリプレースは、更改時期にある5年前のサーバーよりも大幅にコストパフォーアンスが良い。本特集では、サーバー買い換えに当たって知っておきたい事実をお伝えしたい。

2021年11月19日 08時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 何割くらい「お得」? 最新HPE ProLiant Gen10サーバーへのリプレース

    2021年11月19日 08時00分

    「HPE Direct Plus」や「オプ得モデル」を活用して、5年前導入のサーバーを買い換えてみる

    何割くらい「お得」? 最新HPE ProLiant Gen10サーバーへのリプレース

    我が社の業務サーバーとして活躍してきた「HPE ProLiant Gen9サーバー」もそろそろリプレースの時期を迎える。見積もりをとって稟議を上げなければならないが、来期IT予算にはあまり余裕がなさそうだ。どうすれば同等のサーバーを安価に、「お得」に調達することができるのだろうか?

  • 「HPE iLO 5」を知り、今すぐ始めるサーバーのリモート管理

    2021年10月27日 08時00分

    リモート監視/管理はもちろん、導入から廃棄までライフサイクル全体を支援する運用管理機能

    「HPE iLO 5」を知り、今すぐ始めるサーバーのリモート管理

    「HPE ProLiantサーバー」シリーズは、「HPE integrated Lights-Out(略称:iLO)」と呼ばれるリモートサーバー管理ツール/エンジンを標準搭載している。さらにHPE ProLiant Gen10サーバーシリーズが搭載する最新版iLO 5では、サーバーライフサイクル全体を支える豊富な機能を備えており、活用の幅が広がっている。ぜひiLOを知り、活用して運用管理業務を効率化してほしい。

  • 無償でサーバー運用管理がラクに!「HPE InfoSight for Servers」を知る

    2021年10月20日 08時00分

    HPEサーバーユーザーならば「使わないのはもったいない」、管理者が得られる3つのメリット

    無償でサーバー運用管理がラクに!「HPE InfoSight for Servers」を知る

    ビジネスにおけるITの重要性が高まっている一方で、ITインフラの業務負荷はなかなか減らない。運用管理業務の効率化、自動化を望んでいる現場は、企業規模の大小を問わず多いだろう。そこでオススメしたいのが、Hewlett Packard Enterprise(HPE)製サーバーのユーザーならば無償で使える「HPE InfoSight for Servers」の積極活用だ。HPEサーバーが内蔵するリモート管理機構とクラウド、ビッグデータ分析、AI/機械学習の力で、運用管理の効率化や自動化を実現できる。