このページの本文へ

ナイコム、GRADOブランドのオープン型ワイヤレスヘッドフォン「GW100x」

2022年12月09日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナイコムは12月16日、米国GRADO(グラド)のワイヤレス・セミオープン型ヘッドホン「GW100x」を発売する。

 史上初とうたうオープン型ワイヤレスヘッドフォンとして2019 年に登場した「GW100」。一度のマイナーチェンジを経て、今回大きな性能向上を果たして“GW100x”として生まれ変わった。

 同社第4世代のドライバーである「Xドライバー」を新たに搭載。より強力な磁気回路、有効質量を減らしたボイスコイル、再構成された振動板を特徴としており、これらのコンポーネントを44mm口径に再設計することで、効率を向上させ、歪みを低減し、音楽の調和をより高い次元で再現している。

 新しいチップセットを採用し、Bluetooth 5.2に対応。連続再生時間を最大46時間にまで伸長させている。また、高音質で低遅延なコーデックであるaptX Adaptiveにも対応している。

 さらに、新たにマルチポイント機能が追加されており、2台のデバイスを効率よくペアリングすることが可能となった。外部への音漏れを最大60%低減し、同社70年の歴史におけるマイルストーンとなる逸品。

 周波数特性は20Hz~20kHz、感度99.8dB、インピーダンス38Ω、重量はおよそ185g、価格は3万7180円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン