このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

クリエイター向けパソコンブランドの新ケースを採用した「raytrek 4C Series」がお披露目

「これはやってきたな」raytrekの新PCケースにイラストレーターも唸る

2022年12月02日 22時30分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サードウェーブが発表会を実施し、「raytrek」の新ケースを採用するデスクトップパソコン「raytrek 4C Series」を発表

 サードウェーブは12月2日に発表会を実施し、クリエイター向けパソコンブランド「raytrek」から、新たに開発されたPCケースを採用するデスクトップパソコン「raytrek 4C Series」(以下、4C Series)をお披露目した。

 4C Seriesは、同社がさまざまなクリエイターからヒアリングし、「クリエイターがフォーカスした音、形、色に集中するためのPC」をコンセプトとしたPCケースを新たに設計。「落ち着きのある質感」「本物感」「高いメンテナンス性」「親しみやすさ」「高い冷却性能」を目指し、製品を開発したという。

サードウェーブ 製品・マーケティング統括本部 プロモーション部 raytrek サブプロダクトマネージャーの黒川 裕大氏(写真左)と、サードウェーブ執行役員 製品・マーケティング統括本部 統括本部長の佐藤 和仁氏(写真右)が登壇

シルバーとブラックのツートンカラー
傾斜を採用したコンソールパネル

発表会では3つのポイントにわけて紹介

 4C Seriesのケースは、「存在感がありつつも主張しない、クリエイターが主役であることを忘れない」をコンセプトに、シルバーとブラックのツートンカラーを採用。ツールとしての役割を主張する配色にしたという。フロントのシルバーの部分には、落ち着きのある質感を実現するために、ヘアライン加工が施してある。

デザインの特徴

シルバーとブラックのツートンカラーを採用

フロントはヘアライン加工が施されている

 また、親しみやすさを感じてもらうために、フロント両サイドには曲線を採用。これにより、正面から見たときに細く見えるような役割も担っているとのことだ。

機能の特徴

 前面のインターフェース部は、GALLERIAのケースと同様45度の傾斜があり、周辺機器を接続しやすくなっている。加えて、GALLERIAのケースとは異なり、電源ボタンとインターフェースのラインに窪みを設けており、手触りだけである程度位置を把握できるようになっているのもポイントだ。

インターフェース部分には45度の傾斜があり、アクセスしやすくなっているほか、窪みが設けてあって手探りでも場所がわかりやすいようになっている

 また、電源ボタンにもこだわっており、あまり見たことがない仕様になっている。ボタンを下におろすと電源が付き、もう一度降ろすとオフになる。ボタン部分は控えめに光るようになっており、机の下など暗い場所に置いてあっても、視認しやすいようにもなっている。

電源ボタンは下におろすと電源のオンオフが可能

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ