会計ソフト「弥生会計」と暗号資産の損益計算サービス「Gtax」が連携を開始

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 弥生とAerial Partnersは11月28日、会計ソフト「弥生会計(クラウドアプリ/デスクトップアプリ)」と、暗号資産の取引データを自動で取得し、損益計算ができるサービス「Gtax」の連携を開始したことを発表した。

 この連携により、「Gtax」で作成された仕訳データを「弥生会計」に取り込み可能な形式で出力し、そのまま「弥生会計」にインポートすることができるようになる。これにより、これまでは手入力作業のため手間が多く発生していた暗号資産取引を行なう法人の会計処理が大幅に効率化されるという。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月