「環(めぐ)るデザイン - Design for Sustainable Future -」をテーマに東京ミッドタウン「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」10月14日~11月3日開催

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京ミッドタウンでは10月14日~11月3日の期間、秋のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022(東京ミッドタウン デザインタッチ)」が開催される。

 “デザインを五感で楽しむ”をコンセプトに、今回で15回目の開催を迎える。今年のテーマは「環るデザイン - Design for Sustainable Future -」とし、人々の生活が大きく変化し新しい価値観が次々と生まれている今、本当に大切にしたいものをこの先も残していくためには何ができるのか、持続可能な未来へのヒントを、デザインを通して探る。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022の見どころ
・建築家・永山祐子氏が設計し、アップサイクル素材を活用した大型インスタレーションが登場!
・“持続可能な未来”について、デザインを通して体感!
 未来の都市型農業を提案する実験的インスタレーションやミッドタウン・ガーデンに溶け込む花のオブジェなど
・見て聞いて触って考える。ワークショップやトークセッションなど多様なコンテンツが充実
・DESIGNART TOKYOなど様々なイベントが同時開催

 とくに見どころとして、建築家・永山祐子氏による海をモチーフにした大型インスタレーション「うみのハンモック」が設けられる。遠くから眺めると大きな波や小さい波が広がるおよそ36m×およそ12mの大型インスタレーションで、波のような連なりはハンモックで構成されており、休んだり、遊んだりすることが可能。ハンモックの素材には、廃棄された漁網をアップサイクルした糸を利用。海洋汚染や生態系への大きな影響が問題となっている海洋ゴミを循環のデザインにのせることで、“めぐる”モノとして人々につなげる。

うみのハンモック(画像はイメージ)
期間:10月14日~11月3日
時間:11時~21時
場所:芝生広場

 「F.A.R.M.-Future Agricultural Rights for Mankind-」は、農園が垂直的立体展開するような都市型農業の可能性を切り拓き、人々それぞれの手へ農業という営みを届けるための実験的インスタレーション。栽培基盤やエネルギーなど、農業に必要とされる様々な要素を分解しユニット化。それらをブロック的に組み合わせ、積み上げていくことで、農業という循環系システムを簡単に構築できるようデザインしている。

F.A.R.M.-Future Agricultural Rights for Mankind-(画像はイメージ)
期間:10月14日~11月3日
時間:11時~21時(予定)
場所:ミッドタウン・ガーデン

 「as it is. -equilibrium flower-」は、環境と繋がり、環境に溶け込むインスタレーション。ミッドタウン・ガーデン内におよそ2000個の花のようなオブジェが登場。デザインを通して、工業的な素材をあたかもそこにあったかの様なオブジェへと変換。さらにミッドタウン・ガーデンの植物で草花染めをすることで、土地との結び付きも与え、工業的な素材に“新たな意味”を持たせている。

as it is. -equilibrium flower-(画像はイメージ)
期間:10月14日~11月3日
時間:11時~21時
場所:ミッドタウン・ガーデン

 そのほかにもインスタレーションが展示され、さらに、ワークショップやトークセッション、カンファレンス、次世代を担うクリエイターを発掘・応援する「TOKYO MIDTOWN AWARD」の受賞作品発表など多彩なコンテンツが予定されている。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022
期間:10月14日~11月3日
場所:東京ミッドタウン各所
主催:東京ミッドタウン
※各コンテンツの掲載情報は予告なく変更となる場合がある
※最新情報はオフィシャルサイトを確認のこと

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
09月
10月
11月
12月
2019年
07月
08月
2018年
07月
11月
2016年
03月