このページの本文へ

パナソニック、神奈川県のマンション・住宅団地で冷凍・冷蔵宅配ロッカーの実証実験へ

2022年09月30日 16時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」

 パナソニック産機システムズは、10月3日から神奈川県藤沢市の「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」をはじめとした3ヵ所において、「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」を用いた既築のマンション・住宅団地向け、無人受け取りサービスの実証実験を開始する。

 本実証実験は、宅配事業者の人員不足や再配達の負担の解消を目的としたもの。特に冷凍・冷蔵品は、宅配ボックスなどの置き配を利用できないため、不在の場合は再配達になる。同社は、コロナ禍で需要が高まった非対面食品受け取りニーズへの対応として、2021年1月に受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーを商業施設や食品小売店舗向けに発売した。今回、宅配の24時間受け取りの実現に向けて、既築のマンションと住宅団地において、受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーを用いた実証実験を行なう。

 本実証実験には、神奈川県の一次産業事業者や食料品を取り扱う全国の小売事業者、計49社が賛同・協力しており、参加する事業者が扱う地産の新鮮な農作物・海産物を直接ロッカーへ届けるサービスと、佐川急便と他運送会社が再配達時にロッカーに届けるサービスの2種類を提供する。利用者は、24時間、都合の良い時間に、配達員と非対面で冷凍・冷蔵品を受け取ることが可能になる。設置後の再配達率の推移や、居住者の満足度などを調査し、受け取りサービスの利便性を検証する。

 受け取り用冷凍・冷蔵ロッカーは、パナソニックグループが代表幹事を務める「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」、「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」内にある「プラウド綱島SST」、および野村不動産・関電不動産開発・パナソニック ホームズの3社による分譲マンション「プラウドシティ日吉」に設置する。また、利用者の商品理解を深め、魅力を伝える機会として参加事業者によるマルシェの開催も予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン