このページの本文へ

AI inside が米国Omniscience 社よりデータ構造化の技術及び特許を独占契約により取得、「DX Suite」の機能強化を目指す

AI inside 株式会社(AI inside Inc.)
2022年09月29日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AI inside 株式会社(AI inside Inc.)
「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」をミッションに掲げ、AIプラットフォームを提供するAI inside 株式会社(代表取締役社長CEO兼CPO:渡久地 択、本社:東京都渋谷区、以下「AI inside」)は、Omniscience Corporation(本社:カリフォルニア州パロアルト市、以下「Omniscience 」)よりデータ構造化の技術及び特許を独占契約により取得することを決定いたしましたことをお知らせします。AI inside は本技術を応用し、アナログデータをデジタルデータ化する「DX Suite」の機能強化を行い、対応する非定型帳票の拡大や精度向上を目指します。さらには、AI inside が提供する統合的なAIプラットフォームを通じて、構造化されたビジネスデータの利活用を推進することにより、あらゆる企業・団体におけるビジネス変革を強力に支援してまいります。







取得技術の概要

Omniscience は、非構造化データの構造化に関わる革新的な技術を開発・保有し、複数の特許としてその優位性が証明されています。この技術は、テキストの意味を理解した上でテキスト情報の抽出を行う高度なアプローチにより、完全性を維持しながら圧倒的な処理スピードで構造化を実現しています。

AI inside はOmniscience の最先端技術を取得・応用し、アナログデータをデジタルデータ化するAIアプリケーションの「DX Suite」の機能強化を行い、対応する非定型帳票*1の拡大や読取精度などの提供価値の向上を目指します。これにより、あらゆる企業・団体における非構造化データの構造化を支援すると同時に、AI inside が提供するノーコードAI開発・運用プラットフォーム「Learning Center Forecast」による予測・判断AIと組み合わせることで、ビジネスデータの利活用による最適な意思決定を行うデータ主導型組織の構築と、新たな価値創出・ビジネス変革に貢献します。

*1 「DX Suite」は12種類の非定型帳票に対応済み(注文書・請求書・レシート・領収書・保険証券・健康診断書・医療費領収書履歴書・住民票・履歴書・給与支払報告書・賃貸借契約書・自動車税納付書)

活用例:健康診断書のデータ活用によるDXの取り組み

「DX Suite」により健康診断書の情報を読み取りデジタルデータ化及び構造化することで、検索性の向上や時系列での取り扱いなどが容易にできるようになり、データをもとにした予測・判断AIをだれでも簡単に開発・運用できる「Learning Center Forecast」と組み合わせることで、あらゆる企業・団体内でのデータ活用推進に繋がります。

ユースケース1:生命保険会社における引受査定業務
生命保険会社では、保険契約時に加入者の年齢・職業や健康状態などから、保険の引受が可能かを判断する引受査定業務を行なっています。加入者の健康診断書をデジタルデータ化することで引受査定業務の生産性向上だけでなく、構造化された健診データを活用して予測・判断AIを構築し、最適な保険商品の提案などが可能になります。

ユースケース2:ヘルスケアサービスにおける健診データの活用
急速な高齢化や生活習慣病の増加などを背景としたセルフメディケーション*2への注目の高まりから、個人向けヘルスケアサービスは増加傾向にあり、ヘルステック・健康ソリューション関連市場は2022年に3,000億円を超えると予想されています。*3 ヘルスケアサービスにおいてユーザの健診データの活用は、更なるユーザ体験・提供価値の向上に繋がります。

ユースケース3:企業における従業員の健診データの管理
経営戦略の一環として、企業価値の向上や従業員の定着率向上などが期待できる「健康経営」に取り組む企業が増加しています。企業の社会的価値を高める取り組みとして今後も広まっていくと予想される中、企業内での従業員の健康データを統合管理することにより、組織開発や改善、健康施策の立案に役立てることができます。

*2 セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること。WHOによる定義
*3 出典:富士経済 ヘルステック&健康ソリューション関連市場の現状と将来展望 2019

AI inside 株式会社について
AI inside は「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、ノーコードAI開発・運用プラットフォームの画像分類・物体検出AI「Learning Center Vision」と予測・判断AI「Learning Center Forecast」、実践型AI人材育成プログラム「AI Growth Program」、あらゆる情報を高精度にデジタルデータ化する「DX Suite」、高効率なAI運用を実現するエッジコンピュータ「AI inside Cube」、AI・インテリジェンスAPI群「Developer’s API」を提供しています。AI inside は、これらAIプラットフォームの提供を通じ、多種多様な価値あるAIの分散的な創出とユーザ間のシェアを促すことで、AIが隅々まで拡がった社会の実現を目指します。

■各種製品サイト
DX Suite:https://dx-suite.com/
Learning Center Vision:https://learning-center.inside.ai/
Learning Center Forecast:https://inside.ai/service/learning-center-forecast/
AI inside Cube:https://inside.ai/service/ai-inside-cube-series/

社名:AI inside 株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階
代表者:代表取締役社長CEO兼CPO 渡久地 択
設立:2015年8月
事業内容:人工知能および関連する情報サービスの開発・提供
HP:https://inside.ai

※文中の製品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン