ASRockがAMD X670Eチップセット搭載マザーボードを5製品発表

文●ドリル北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockがAMD X670Eチップセット搭載マザーボード5製品を発表した。9月30日19時から販売を開始する。

ASRockがAMD X670Eチップセット搭載マザーボード5製品を発表

製品ラインナップ

ASRock創業20周年記念モデルの「X670E Taichi Carrara」。ヒートシンクはCarara(大理石)を模したデザイン。大理石が持つ高強度、高耐性と美学をコンセプトに開発されたE-ATXマザー。市場想定売価は10万4980円

E-ATXの「X670E Taichi」。前述のTaichi CarraraとTaichiは、同社のX670Eチップセット搭載マザーで唯一USB4 Type-Cポートを搭載する。市場想定売価は9万9980円

安定性と耐久性を追求した「X670E SteelLegend」。ATXフォームファクターの最上位モデルだ。市場想定売価は6万980円

一般・デスクワーク向けの「X670E Pro RS」。安価ながらWi-Fi 6Eを標準装備する。市場想定売価は5万6980円

ライトゲーマー向けの「X670E PG Lightning」。フロント9+リア12の合計21もの豊富なUSBポートを備える。市場想定売価は5万2980円

ASRock製X670Eマザーの特徴

 Ryzen 7000シリーズに対応するチップセットはX670EとX670の2種類があるが、違いはPCIe5.0対応ビデオカードをサポートするかしないかの違いだけ。ASRockのマザーボードはすべてX670Eチップセットを搭載し、X670チップセット搭載製品は存在しないので、ある意味わかりやすい。その他、ASRock製マザーボードのおもな特徴は以下のとおりだ。

X670EとX670の違いはPCIe5.0ビデオカードをサポートするかしないかだけ

ASRockはすべてのAM5マザーでサーバーグレードの8層基板を採用する。同社によると従来の6層基板と比較して、基板温度が29度も低い結果が出たという

PCIe5.0対応になったM.2ヒートシンク。フィンが追加され放熱効果が改善している

X670E Taichi CarraraとX670E Taichiに付属するファン付きM.2ヒートシンク。PCIe5.0対応SSDの可能性を最大限に引き出すという

8000Hzなどの高ポーリングレートデバイスを接続しても遅延が発生しにくいライトニングゲームポートを、X670E Taichi Carrara、X670E Taichi、X670E PG Lightningの3製品に搭載する

LANのドライバーをプリインストール済みなので、必要なドライバー類をインターネットから自動でダウンロードしてインストールしてくれる

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月