このページの本文へ

IT管理者の3分の2は「技術者としてのキャリアに自信」、ソーラーウインズ調査

2022年09月21日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SolarWindsは9月21日、技術者の採用市場の状況に関する年次調査結果を発表した。

 毎年開催されている「IT Pro Day」に合わせて発表された調査で、技術者の採用市場における現状を調査するもの。調査結果によると、景気後退の可能性があるにもかかわらず、技術者およびIT管理者の3分の2以上が自分のキャリア選択に自信を持っていると答えていることが判明。しかし、人材流出により多くの従業員が離職や転職をするなか、近年では自社に十分な人員が確保されていると感じていると答えた人は、調査回答者の半数にとどまっているという。
 
 人材不足の問題に対処しつつ厳しい労働市場で人材を確保するため、回答者の59%が勤務時間や勤務地の柔軟性を高め、3分の1(33%)が給与を引き上げたと答えている。一方で、キャリアにおいて最も重要なことは何かという質問に対して、IT管理者は給与とワークライフバランスを最も重視していると回答した。

カテゴリートップへ