このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第374回

約2万円のSIMフリースマホ「moto e32s」は必要最低限を求めるユーザー向き

2022年08月30日 12時00分更新

文● 友納一樹 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするのは、モトローラのSIMフリースマートフォン「moto e32s」。2万1800円という価格が最大の特徴で、スタイリッシュなデザインの本体が目を引く1台です。mineoやIIJmioなどのMVNOほか、家電量販店で購入できます。カラーは「ストレートグレイ」「ミスティシルバー」の2種が用意されています。

スタイリッシュな外観
あるとうれしいイヤホンジャックを搭載

 まずは本体から見ていきます。横幅は約74.9mm、厚さは約8.5mmと、スマホとしては標準的なサイズ。片手でしっかり握りしめることができます。ただし、片手操作だと画面上端にはなんとかタッチできる、といったところ。また、製品には専用のクリアカバーが付属し、装着すると少しサイズが大きくなります。

 メタリックな背面は、光の当たりかたによって鈍く輝きます。個性的でありつつ、落ち着きも感じられるカラーリングだと感じます。

サイズは、約164.0×74.9×8.5mm(最薄部)。重量は約185g

メタリックな背面。中央にはモトローラの「M」のロゴが

 本体右側に電源ボタンと音量ボタンを搭載。電源ボタンは指紋センサーも兼ねています。また、上部には3.5mmのイヤホンジャックがあり、有線で音楽や動画を楽しみたい人にはうれしいポイントです。

本体右側、上から音量ボタン、電源ボタン

左側にSIMカードスロット。DSDVに対応している

上部に3.5mmイヤホンジャック

下部にUSB Type-Cポート

 画面は約6.5型の液晶ディスプレーで、解像度はHD+(1600×720ドット)となっています。リフレッシュレートは最高90Hzで、設定で「自動/60Hz/90Hz」から選択できます。また、色温度も変更できます(ナイトモードとは別に常時設定が可能です)。

アスペクト比は20:9。画面下部のベゼルが太めか

設定でリフレッシュレートや色温度を変更可能

 本機はFMラジオのアプリを搭載しており、イヤホンやヘッドホンを挿しているときのみ利用できます。災害時や大規模障害の際に役立つでしょう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン