地方創生SDGs官民連携プラットフォームに「メタバース分科会」を新たに設置、NPO法人バーチャルライツが分科会長に就任

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 内閣府は8月16日、地方創生SDGs官民連携プラットフォームに「メタバース分科会」が新しく設置され、NPO法人バーチャルライツが分科会長に就任したと発表した。

  地方創生SDGs官民連携プラットフォームは、SDGsを活用し、より一層の地方創生につなげていくことを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、内閣府が設置したもの。

 新たに設置されたメタバース分科会では、メタバースを活用した地方創生、SDGs課題解決のベストプラクティス創出を行なうとともに、地方創生、SDGs課題解決に向けた先端分野の人材交流を実施する。

 具体的には、メタバースネイティブを招いた勉強会を開催し、メタバースに関する知識や情報の共有を図る「メタバース事例勉強会」や、メタバースを活用した地方創生・SDGsの事例をセミナー形式で紹介し、同様事例の創出を図る「メタバース × 地方創生・SDGsセミナー」などを行なう。

 なお、分科会への参加方法は、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員/非会員ともには、contact@npovr.orgに分科会参加意向を連絡とのこと(非会員には、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員登録の案内を送付)。

NPO法人バーチャルライツ
ユーザー・クリエーターの権利擁護と文化発信を主な目的としたVRアドボカシー団体。およそ850の個人・団体・法人が会員として参画するNPO法人として、政策研究事業、文化振興事業、調査事業、政策提言事業などを実施。2021年3月に設立総会をVR空間で行なったNPO法人として認証・設立。日本赤十字社東京都支部感謝状受賞団体。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
12月