このページの本文へ

他に類を見ない奇抜なシリーズはどうして生まれたのか

超個性派BTO PCメーカー、サイコムの現場スタッフに聞いてわかった“Craftsmanship”の根源

2022年07月26日 10時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自作erがあこがれる広い検証用スペース
倉庫には手作りの製品撮影スタジオもある

 現在は工場機能だけになった旧社屋とこの新社屋で、最も変化した点は検証用スペースだ。ひとくちに「検証」と言っても、単純にPCの動作を確認するだけではない。例えば、新しいPCパーツを採用する場合、安定して動かすための条件の絞り込みなども含まれる。その結果、企画のコンセプトに合わない数値が観測できたら、条件を変えたり、再度同ジャンルの違う製品で再検証。といった、吟味を行っている。

 また、新モデルを開発する時も検証は欠かせない。単純な動作確認はもちろんのこと、ファンの位置をどこにすると効果的か、CPU温度は何度まで上昇するかなど、細かな部分まで詰める必要があるからだ。単純にスペックを決め、PCパーツを選定すればおしまいではなく、実際に効率的に動作しているのかどうかまでチェックしている。

 以前は机1つぶんしかスペースがなく、この検証作業がかなり困難だったそうだ。サイコムはサイズが大きくなりがちなハイエンドなタワーPCも扱っているので、その苦労たるや想像に難くない。しかし、この新社屋では8畳くらいの部屋がまるまる検証スペースとして確保されている。

作業用の机からPCパーツを置く棚、工具を入れるワゴンまでそろった検証スペース。もちろん、室温を一定に保てるようにエアコンも完備。複数台のPCをベンチマークしていると、一般的な事務スペースよりも室温は上がりがち。このように独立エリアにしたほうがお互いに効率良く仕事ができる

作業机の上にはPCケースの角度をラクに調整できる回転台も用意。よく使う工具はすぐ横にあり、作業しやすいレイアウトだ。自作erならかなりあこがれるワークスペースではなかろうか

サイコム製PCと言えば、多くのモデルでNoctua製のファンが使われている。そのためなのか、かなり珍しいNoctuaロゴのヘクサロビュラドライバーがしれっと工具ワゴンに。取材に同行したジサトライッペイがやたらと興奮していた

棚にはPCパーツのほか、検証中のPCもあった。上段にはディスプレーもあり、同時に2台のPCをテストできるようになっている

 なお、この新社屋には倉庫もあるのだが、主に法人案件で複数台の同じ仕様のPCを組み立てる時に使ってるそうだ。

新社屋の倉庫。右手前の折りたたみコンテナに入っているPCパーツはオークション販売用とのこと

 倉庫の奥にはもう1つ部屋がある。そこはWebサイトなどに掲載する製品写真の撮影スタジオとして使われていた。と言っても、本格的に作ったものではなく、デザイナーにお任せで自由に使っていいスペースとして確保した場所とのこと。のぞいてみると、三脚やライトのほか、PCを様々な角度から撮影するための回転台(自作)があった。

製品ページのギャラリーにある写真などの撮影に使われている撮影スタジオ。自作の回転台の滑りは良く、スムーズにPCをいろんな角度に調整できた。なお、照明は照度や色温度が変更でき、製品のコンセプトに合わせて様々な撮影ができそうだった

カテゴリートップへ