COMPUTEX TAIPEI 2022レポート

MSI、AMD X670E、X670チップセット搭載マザーボードを発表。PCIe 5.0、DDR5メモリー対応など

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AMD X670E、X670チップセット搭載マザーボードを発表

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月23日、AMD X670E、X670チップセット搭載マザーボード「MEG X670E GODLIKE」「MEG X670E ACE」「MPG X670E CARBON WIFI」「PRO X670-P WIFI」を発表した。本製品は、AMD Ryzen 7000シリーズ・デスクトップ・プロセッサーに対応するMSIの最新マザーボード。

AMD Ryzen 7000シリーズ・プロセッサー・AMD X670E、X670マザーボード

 AMD Ryzen 7000シリーズ・プロセッサーは、TSMCの5nm FinFETプロセスを初めて採用し、AMDの新しいプラットフォームであるAMD Socket AM5を導入している。そのほかにもPCIe 5.0、DDR5メモリー対応といった新機能を搭載する。

 AMD X670チップセットは、X670 ExtremeとX670の2つのセグメントに分かれている。X670Eマザーボードは、PCIeスロットとM.2スロットの両方でPCIe 5.0をサポートするが、X670マザーボードはM.2スロットでのみPCIe 5.0をサポートする。MSI X670EおよびX670マザーボードは、PCIe 5.0とDDR5のサポートに加え、ARGB Gen2デバイスの制御や、背面USB Type-CのDisplay Port 2.0出力に対応している。

MEGシリーズ

 MEGシリーズは、MEG X670E GODLIKEとMEG X670E ACEの2機種を展開。E-ATX規格のマザーボードで、最大24+2フェーズ 105A Smart Power Stage対応の強力な電源回路を搭載する。また、従来よりも表面積の広いスタックドフィンアレイデザインのヒートシンクとヒートパイプを組み合わせることで、最高のパフォーマンスを維持しながら効果的に放熱できるとする。また、MOSFETベースプレートがVRMの放熱性を高め、金属製バックプレートによりマザーボードの剛性を保つ。MEGシリーズマザーボードには、M.2 XPANDER-Z GEN5 DUALアドオンカードが付属する。

MPGシリーズ

 MPG X670E CARBON WIFIは、90A対応18+2フェーズの強力な電源回路を搭載し、カーボンブラックを基調としたスタイリッシュなデザインのマザーボード。大型の拡張ヒートシンクを搭載しており、電源回路の放熱をより効率化できるという。チップセットヒートシンクからVRMヒートシンクまで、最新スペックを備えているだけでなく、ユニークなデザインを採用し、より個性的なシステムを構築できる。

PROシリーズ

 PROシリーズは、企業やクリエイター向けのシリーズ。PRO X670-P WIFIは、14+2フェーズDuet Rail Power System対応の電源回路とデュアルCPU 8ピン電源コネクターを採用しており、様々なタスクをスムーズにこなせるという。また、M.2 PCIe 5.0 x4スロット、2.5G LAN、Wi-Fi 6Eといった高速インターフェースを搭載する。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月