このページの本文へ

価格も7700円と従来モデルと比べてリーズナブルに!

小型化したエルゴノミックな縦型マウス「LIFT M800」で長時間デスクワークの疲労を軽減!

2022年04月19日 16時01分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LIFT M800」

 ロジクールは4月19日、エルゴノミックなデザインの縦型ワイヤレスマウス「LIFT M800」を発表した。価格は7700円で、5月19日に発売予定。

好評だった縦型マウスが小型化
電池式で価格もリーズナブルに

LIFT M800の主な特徴

 LIFT M800は、人間工学に基づいた「エルゴノミックデザイン」を採用する縦型マウス。通常のマウスと比べ形状が異なり、57度の傾斜を付けることで握手をするような自然な手首の角度で握るため、手首や腕への負担が軽減されるほか、正しい姿勢を保ったまま作業できるのが特徴。

57度の傾斜を付けることで、自然な手首の角度で握ることができる

ソフトでグリップがいいラバーのサポートを採用

 また、縦型マウスの従来機種「MX Vertical」と比べて本体サイズを22%小型化。これにより、男女問わず手が小さめの人でも快適に使える大きさになっている。同社によると、MX Verticalのユーザーからのフィードバックとして、サイズが大きすぎるという意見があったのだという。

 そこで、働く女性にもエルゴノミックデザインのマウスで体に負担を掛けずに作業してもらえるよう、LIFT M800はよりコンパクトなサイズを採用したとのことだ。なお、縦型マウスがなぜ体に負担をかけないのかについては、こちらの記事も参照してほしい。

左が従来機種「MX Vertical」、右がコンパクト化した「LIFT M800」

小型化したことで、操作性が向上しているように感じた

 さらにクリックする際にカチっという音が鳴らない静音クリックを採用し、テレビ会議や周囲に人がいる環境でも気にせず作業が可能。加えて、ホイールには、超高速スクロールと精密スクロールが自動で切り替わる「SmartWheel(スマートホイール)を採用している。これ以外に、サイドに進む・戻るボタンを搭載するほか、ホイールの下にはDPI調節ボタンも備えている。

超高速スクロールと精密スクロールが自動で切り替わる「SmartWheel(スマートホイール)を採用。ホイールの下のボタンでDPIの調節ができる

 USBレシーバー「Logi bolt USBレシーバー」もしくはBluetoothによる接続方法が選択可能。デバイスは最大3台まで接続でき、底面のボタンで切り替えられる。Logi bolt USBレシーバーは、本体内部に収納可能だ。なお、LIFT M800は充電式ではなく単3電池1本で動作し、約2年半という長時間駆動も実現している。

単3電池1本で動作。ここに「Logi bolt USBレシーバー」を収納できる

 そのほか、同一ネットワーク上にあるパソコン間でシームレスにカーソル移動ができるほか、テキストや画像ファイルなども移動可能な「Flow」機能にも対応。ソフトウェア「Logicool Options +」を利用してのカスタマイズも可能となっている。

MX VerticalとLIFT M800の比較

 カラバリは、グラファイト(LIFT M800GR)、ローズ(LIFT M800RO)、ペイルグレー(LIFT M800PG)の3色をラインアップ。なお、グラファイトは70%、ローズとペイルグレーは54%再生プラスチックを使用している。

ローズ(LIFT M800RO)

ペイルグレー(LIFT M800PG)

 MX Verticalと比べてコンパクトになり、価格もリーズナブルになったLIFT M800。通常のマウスとは軽重が異なっているため、操作性が気になる人もいるだろうが、実際に使ってみると、戸惑うのはほんの少しの時間だけで、使ってみるとすぐに慣れることができたので、心配ない。

 テレワークで長時間のデスクワークにより疲労感を感じている人や、ノートパソコンを使用していて気づいたら姿勢が悪くなっているという人は、ぜひチェックしてみてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン